平安女学院大学・短期大学部

京都キャンパス

京都御所西にあるキャンパスは、京都府庁・京都府警・検察庁などの官公庁、大病院、消防署に囲まれ、京都で最も安全安心な、女子大にぴったりの環境です。

キャンパスの敷地は、織田信長が築城した旧二条城の跡地で、周囲には有名な神社や文化施設、老舗店舗や史跡などが数多く、世界中から観光客が訪れる国際的な観光地で、おもてなしと観光を学ぶのに最適です。

いつも授業を受ける教室から、四条・JR京都駅などの繁華街まで10分から10数分、大規模校ならキャンパス内の移動にかかる時間でアクセスできます。

旧宮家の邸も大学施設
歴史を感じさせる校舎
京都御所のすぐ西隣

キャンパスマップ

大学施設

新・学生食堂 エディ・カフェ
学生の要望を120%満たした「日本一の学食」が実現

従来の学生食堂イメージを覆すような「学生本位の学生食堂」を目標に、全学生への聞きとり調査を実施。その結果、伝統を活かした、女子大らしい華やぎと落ち着きある憩いのスペースとして、学生の要望を超える「日本一の学生食堂」が誕生しました。ここでは、食事や団らん、授業の予復習もでき、また、本学の掲げる「貴品女性」を目指すマナー教育などの実践の場として活用することもできます。さらに、ゆくゆく一般市民向けの活用も検討しています。

19世紀のヨーロッパ―をイメージした、学生の憩いの空間

【外観】初代校舎の明治館(1895年)の意匠にならったグリーンの窓枠。ロートアイアンを施したエクステリアと造園植治による「洋」の植栽が、外観を美しく彩ります。

【内装】パントリーとホールの間には、大きなステンドグラスのパーテーション。内部はメインホール・貴賓室・ラーニングサロンの3つのブースに分かれています。メインホールには日本最古級のリードオルガンやクラシカルな応接セットなどをゆったり配置。学院開校時のダイニングテーブル&チェア、蓄音機を備えた貴賓室は、学生のオフィシャルなディナーパーティーなどに開放されます。

終日利用できる、ダイニング&ラウンジ

利用時間は、9時半から17時まで。11時半から13時半のランチタイムをはさみ、前後はカフェタイムとなります。
席数:全100席 設備:wifi・有線放送

室町館

大学の本部と国際観光学部の教室が置かれる学舎。授業の多くはここで行われます。

コンピュータルーム

サポーター職員のアドバイスを受けながらパソコンを使用することもできます。

茶室

茶道や着付けなど、日本の伝統文化を専門的に体験学習できます。

キャリアサポートセンター

個別指導や求人情報の検索、学生同士の情報交流が行われます。

図書館

静かで明るい環境の中、図書の閲覧、グループ学習などにも利用できます。

教員・学生共同研究室

教員と学生の共同スペースです。教員は当番制で常駐しています。

豪華トイレ「クリスタルルーム」

水晶やシャンデリア、モザイクタイルなど、豪華な内装。お洒落な椅子もあり、メイク直しもゆっくりできます。

学生ホール

エディ・カフェの地下にある学生ホールは、歓談スペースとして常時開放されており、学生会のイベントでも使用します。

寺町サテライトスタジオ

学院の情報発信スペースとして、また多目的スペースとして広く開放しています。

寺町サテライトスタジオについて
広報センター

「平安女学院 広報センター」は、大学の広報&相談センターとして、また地域の観光情報センターとして、どなたでも気軽にご利用いただけます。

広報センターについて
明治館(国の登録有形文化財)

1895年、大阪から京都に移転して最初の校舎。日本で唯一現存しているイギリスの「クイーン・アン様式」の建築物です。重要文化財に指定予定。

大学の歴史的文化財
明治館
聖アグネス教会(京都市指定有形文化財)

レンガ造りのゴシック様式の外観、材木を剥き出しにした内装など、明治期の教会の特色を今に伝えています。

大学の歴史的文化財
聖アグネス教会
昭和館(国の登録有形文化財)

堅牢な建物ながら、「尖頭アーチ」や「メダリオン―徽章やシンボルマークなどのレリーフ」を効果的に用いて華やかさを見せています。

大学の歴史的文化財
昭和館
有栖館主屋・青天門・長屋門(国の登録有形文化財)

有栖川宮家の旧邸。造園植治十一代目小川冶兵衞氏作庭の庭園、太閤秀吉の醍醐の花見で有名なしだれ桜の孫に当たる桜も有名です。

大学の歴史的文化財
有栖館
平安女学院大学