トップページ > 大学・短大について > 教育の3つの方針

教育の3つの方針

教育目標の実現のため次の3つの方針を掲げています。

入学者受入の方針(アドミッションポリシー)

国際観光学部国際観光学科
  • ジェネリック・スキル、ホスピタリティ・マインドを身に付け、観光に関わる専門的知見を通して、社会に貢献したいという思いを強く有する方。
  • 国際的な視野から現代社会を捉え、将来海外で活躍したいと考えている方。
  • 観光の楽しみ方を学びつつ、人間の文化や社会についての知見を深め、豊かな人生を送りたいと考える方。
子ども教育学部子ども教育学科
  • 子どもに対する強い関心を持つ方。
  • 旺盛な知的好奇心とバイタリティのある方。
  • 子どもの多様な経験に対して深い共感を抱く方。
  • 子どもに関わる問題の原因や結果を分析し、知識の習得に満足するのではなく、仮説を立てて考える方。
  • 現代の教育・保育が直面する課題と向き合い、家庭・地域の子育て支援に強い関心をもつ方。
短期大学部保育科
  • 子どもたちに対する細やかな心遣いと、温かいふれあいを何よりも大切と考える方。
  • 保育に関心を持ち、その専門知識を深め、技能を身に付ける意欲を持つ方。
  • 幼稚園・保育所(園)等の子どもと関わる職業に就くことに強い意志を持つ方。

教育課程の方針(カリキュラムポリシー)

国際観光学部国際観光学科


  • 「教養科目」においては、「キリスト教学」「ジェネリック・スキル」を必修科目とする。基本的な知識・技能を身につけ、また、社会人として必要となる知識と技能を身につけるために「基礎科目」「教養展開科目」を配置する。
  • 専門科目においては、「観光ホスピタリティ・京都学コース」「外国語特修コース」両コース共通して学ぶべき科目と卒業研究科目を必修科目とする。
  • 各コースで求められる専門的な知識と技能を段階的に身につけるため、専門科目を「専門導入」「専門基礎」「専門展開」の各科目群に配置する。
  • 京都の伝統文化を学ぶ演習科目、京都のおもてなしや歴史・文化を学ぶ科目を配置し、京都のホスピタリティと文化を理解する。
  • 国際観光学を実践的に学ぶために「実習科目」を配置し、国際観光学の諸分野で必要とされる体験知を獲得する。

子ども教育学部子ども教育学科

  • 豊かな教養を身につけるために「教養科目」を置き、「キリスト教学」を必修科目としてキリスト教の精神に基づく人間性を涵養するとともに、「伝統文化論(茶道)」を通して日本文化への理解を深められるようにする。
  • 「学部基幹科目」、「専門発展科目」、「子ども教育科目」、「乳幼児保育科目」を体系的に設置し、子どもの教育・保育に関する専門知識、技能を修得できるようにするとともに、少人数での演習を通して応用力を身につける。
  • 「実習科目」を置き、現場での学びを通して必要な技術を身につけ、教育・保育の専門家としての責任感、倫理観を育成できるようにする。
  • 自ら課題を設定し、調査研究や討議を行う演習科目を段階的に設置し、創造的思考力を高めることによって課題解決力を育て、自らの研究テーマについて卒業研究を通して深めることで、生涯にわたって学び続ける力をつける。
  • 行政と連携したインターンシップ科目を置くとともに、地域におけるボランティア等の体験的な学びを充実させ、組織的、計画的に活動することで社会性や他者との協働性を身につけた社会に貢献できる学生を育てられるようにする。
短期大学部保育科
  • 学科の教育目的を達成するため、幅広く深い教養と豊かな人間性を涵養する「教養科目」と、専門の学修を体系的に学ぶ「専門科目」とに大別して編成する。
  • 「教養科目」については、言語科目等の基礎科目と幅広い教養を身につける教養展開科目で構成する。
  • 「専門科目」については、教科内容に基づいて教育・保育・福祉・心理系科目および保健関連科目に区分して構成する。
  • 社会的基礎力を涵養するためクラス担任制を導入し、きめ細やかな個別指導を行う。
  • 幼稚園教育実習、保育実習によって得た体験知を専門的知識と結びつける実践的な指導を行う。

学位授与の方針(ディプロマポリシー)

キリスト教の精神に基づく教育を通して、自由で自立した人格を形成するとともに、建学の精神である「知性を広げ、望みを高くし、感受性を豊かにし、そして神を知らせる」を体得した人間に育成し、地域社会ならびに国際社会に積極的に貢献する人材を養成することを目標に掲げ、その実現を目指した教育課程を編成しています。
  卒業までに以下の能力を身につけ、所定の単位を修めた学生は卒業が認定されます。
・社会人としての基礎知識である、平安女学院独自の「ジェネリックスキルズ」を学習し、さらに文部科学省「学士力」、経済産業省「社会人基礎力」を補強する。
・建学の精神を体得した人間の姿として躾(マナー)・心得(スキル)・愛(思いやり)という3つの資質を備える。

国際観光学部国際観光学科
  • 本学の建学の精神およびキリスト教の精神に基づく人間性と、豊かな教養を有している。
  • 課題発見、探究能力、実行力を核とするジェネリック・スキルを身につける。
  • ホスピタリティ精神をもって他者と接することができる。
  • 観光の学びを通して、日本・世界の社会や文化の多様性を理解している。
  • 地域社会の課題を理解し、さまざまな地域活動に取り組み、地域に貢献できる能力を有している。
  • 国際的な環境の中で、能動的なコミュニケーションをすることができる。
子ども教育学部子ども教育学科
  • 本学の建学の精神およびキリスト教の精神に基づく人間性と、豊かな教養を有している。
  • 子どもの教育や保育に関する幅広い知識および技能を身につけ、それを応用し、実践につなげることができる。
  • 子どもに関わる専門家としての責任感、倫理観を持って、社会に貢献することができる。
  • 子どもを取り巻く様々な課題を多角的にとらえ、必要な情報を収集、分析、整理し、問題解決に向けて創造的に思考することができる。
  • 社会性を身につけ、他者に共感し協働してものごとに取り組むことができる。
短期大学部保育科
  • 本学の建学の精神およびキリスト教の精神に基づく人間性と、豊かな教養を有している。
  • 子ども、保護者、同僚など、他者とのコミュニケーションを円滑にとることができる。
  • 子どもに対して深い愛情を持ち、社会人としての自覚と責任感を持っている。
  • 保育に関わる深い知識と実践的な技能、自主性や礼儀作法を有している。
  • 幼児教育に対する使命感と情熱を持ち、意欲と向上心を持って社会に貢献できる。