トップページ > 大学・短大について > 客員教授・客員講師

客員教授・客員講師

客員教授

家森 幸男

「カスピ海ヨーグルト」の大ブームを巻き起こした長寿食の世界的権威。冒険病理学者として、世界各地で長寿食調査の旅を続行中。

京都大学名誉教授
ハーバード大学客員教授
財団法人兵庫県健康財団会長

  • 1937年京都府生まれ。
  • 健康長寿の秘密を探る世界25ヵ国60地域の調査中に「カスピ海 ヨーグルト」と出会い、日本における大ブームの火付け役となる。
  • 「冒険病理学者」の愛称を持つ長寿食の世界的権威であり、現在 も世界各地で調査の旅を続けている。
  • 主な経歴:京都大学医学部卒業、京都大学医学部大学院修了、 医学博士、京都大学大学院教授
今村 俊也

「一日一歩」の勉強法を心がけ、新人王戦優勝、棋聖戦挑戦を経て九段に。「囲碁は何歳からでも上達できる」と次世代にエールを送る。

関西棋院常務理事(渉外)
苑田勇一九段門下

  • 1966年奈良県生まれ。
  • 主な経歴:1980年3月入段 1990年9月九段
  • 主なタイトル歴:
    関西棋院第一位決定戦優勝(4回)
    第9期新人王戦優勝
    第15期新鋭トーナメント優勝
    第14期棋聖戦八段戦優勝
    第7期棋聖戦四段戦優勝
丸中 良典

細胞生理学・呼吸器内科学の権威として、日本生理学会・日本腎臓学会・日本膜学会の役員を務める

京都府立医科大学
大学院医学研究科 細胞生理学 教授 / 呼吸器内科学 教授
医学教育研究センター長
日本生理学会 理事長
日本腎臓学会 法人評議員・学術評議員
日本膜学会 評議員

  • 1979年 京都府立医科大学卒業/滋賀医科大学第二生理学講座 助手
  • 1986年 米国テキサス大学ガルベストン校医学部生理学講座 研究員
  • 1988年 米国エモリー大学 医学部生理学講座 助教授
  • 1992年 カナダ トロント大学 医科学研究所 准教授 医学部小児科学講座呼吸器内科学・小児病院研究所 准教授
  • 2000年 京都府立医科大学 第一生理学教室 教授
  • 2003年 京都府立医科大学 大学院医学研究科 教授
  • 2007年 京都府立医科大学 大学院医学研究科 教授
    医学教育研究センター長(~2015年)
  • 2015年 京都府立医科大学 附属図書館長・総合情報センター長
鏡 リュウジ

占星術の若きカリスマとして、雑誌・テレビなどのマスメディアで大活躍。女性層を中心に圧倒的な支持を獲得。

心理占星術研究家・翻訳家
英国占星術協会会員
英国職業占星術協会会員
日本トランスパーソナル学会常任理事

  • 1958年京都府生まれ。
  • 占星術のカリスマとして雑誌やテレビなどで活躍し、圧倒的な 支持を受けている。著書の「占いはなぜ当たるのですか」(講 談社)や「恋に効く魔法の杖」(ソニーマガジンズ)はベスト セラーとなる。
  • 主な経歴:国際基督教大学大学院修士課程修了
西尾 恭介

腎臓病患者のトータルケアを通じて、社会復帰・社会参加の促進に貢献して30年。腎臓病の大家として幅広く活躍。

新小岩クリニック 院長
日本内科学会 認定内科医
日本腎臓学会 専門医・指導医
日本透析医学会 認定医・指導医
京都府立医科大学 大学院医学研究科 客員講師
順天堂大学医学部腎臓内科客員講師

  • 1975年 京都府立医科大学卒業
    京都府立医科大学付属病院 研修医
  • 1977年 京都府立医科大学第一内科 研修員
    滋賀医科大学生理学講座 文部教官助手
  • 1982年 京都第一赤十字病院内科 医員

  • 1983年 新小岩クリニック 院長(現在に至る)
  • 1993年 東京都葛飾区医師会理事
  • 1995年 東京都葛飾区医師会評議委員会副議長
  • 2003年 東京都葛飾区医師会監事
佐藤 陽子

バイオリニストでオペラ歌手。数々の国際コンクールで上位入賞を果たしてきた、世界的な音楽家。

バイオリニスト
オペラ歌手

  • 福島県生まれ。
  • わずか9歳でモスクワ国立音楽院付属音楽学校に招かれる。バイオリンの才能を開花させ、国際コンクールで入賞。
  • マリア・カラス女史に声楽の分野でも素質が認められ、ルーマニア国立歌劇場で「蝶々夫人」にデビュー出演を果たした。
  • 主な経歴:モスクワ国立音楽院主席卒業、
    チャイコフスキー国際音楽コンクール第3位、
    ロン・ティボー国際コンクール第3位
小川 治兵衞

江戸時代宝暦年間から250年にわたって京の名庭園を作庭してきた、造園業 「植治」 の十一代当主。

造園業「植治(うえじ)」 十一代当主

  • 1942年京都府生まれ
  • 主な経歴:京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)卒業
    大学在学中に、新制作日本画本展入選及び京展入選
  • 小川治兵衞は、江戸時代の宝暦年間から250年にわたり、 平安神宮や円山公園をはじめとした国定名勝指定庭園を作庭 してきた造園業「植治」の当主。十一代小川治兵衞は、洛翠 庭園、有芳園、大原総一郎邸など、数々の庭園を現代によみがえらせた。
須田 寛

国鉄からJRへと、文字通り日本の鉄道史とともに歩み、世界に誇る観光立国の土台づくりに大きく貢献。

全国産業観光推進協議会副会長
東海旅客鉄道相談役

  • 1931年生まれ。
  • 主な経歴:1954年京都大学法学部卒業・日本国有鉄道入社
    1987年東海旅客鉄道株式会社代表取締役社長
    1995年東海旅客鉄道株式会社代表取締役会長
    2004年東海旅客鉄道株式会社相談役
  • 主な著作:「産業観光」「新・観光資源論」「産業観光読本」(いずれも交通新聞社)「東海道新幹線Ⅱ」(JTB)
    「新・観光産業論」(共著 すばる舎)など多数
池坊 専好

次期家元として、日本各地の本部展などへの出瓶はもとより、海外でのいけばな振興にも尽力するなど、精力的でグローバルな活動を展開

華道家元池坊次期家元
華道家元四十五世、池坊専永氏の長女 

  • 1988年 学習院大学文学部国文学科卒業
  • 1989年 紫雲山頂法寺(六角堂)で得度。法名は「専好」。
    池坊学園お茶の水学院長も務める。
  • 2007年 財団法人日本いけばな芸術協会 副会長に就任

  • 主な著書:「秘すれば花」「花の季」など
中村 順一

在インドネシア公使、ベルギー国駐箚特命全権大使などを歴任。外務省儀典長も務めるなど国際儀礼にも詳しい。コンベンションシティ京都のキーマンとして活躍中。

国立京都国際会館
元館長・現評議員
外務省参与

  • 1934年生まれ。
  • 最終学歴:1958年 東京大学法学部卒業 
    1960年 ケンブリッジ大学大学院修士課程修了
  • 主な経歴:外務省入省後、在インドネシア公使、
    在シドニー総領事、国際協力事業団理事、外務省儀典長、
    ベルギー国駐箚特命全権大使、
    財団法人国立京都国際会館館長
    外務省参与
  • 主な著書:「国際司法裁判所」(共著・東京大学出版会)
    「ベルギー随想」(ベルギー日本人会)
眉村 卓

「ねらわれた学園」をはじめ、多数の映像化作品を抱える人気作家。ラジオパーソナリティとしても活躍中。

作家
日本ペンクラブ副会長
日本文芸家協会会員
日本推理作家協会会員

  • 1934年大阪府生まれ。
  • 映画化された「ねらわれた学園」、ドラマ化された「なぞの転校生」など映像化された多数の作品を執筆。
  • ラジオパーソナリティとしても活躍中。
  • 主な経歴:大阪大学経済学部卒業、泉鏡花文学賞受賞、
    日本文芸大賞受賞
新井 満

芥川賞受賞作家であり、作詞作曲家・写真家・環境映像プロデューサーとして活躍、多彩な顔で知られる。

作家
作詞作曲家・写真家
環境映像プロデューサー

  • 1946年新潟市生まれ。上智大学法学部卒業。

  • 1988年、小説「尋ね人の時間」で芥川賞を受賞。
  • 長野冬季オリンピックでは、開閉会式イメージ監督として注目される。
  • 2003年11月に発表した写真詩集「千の風になって」と、それに 曲を付け自ら歌唱したCDは現在もロングセラーを続けている。
  • 日本ペンクラブ常務理事として、平和と環境問題を担当。
  • 最新作に、写真詩集「青春とは」「自由訳・般若心経」など。
服部 和子

日本で初めてのきもの教室を開校。ゆかたから十二単まで、きもの文化の継承発展のためにTV・雑誌・ショーなどで幅広く活躍中。

服部和子きもの学院 院長
京都商工会議所議員
京都商工会議所議員女性会監事
特定非営利活動法人  文字文化研究理事
京都市食の拠点機能充実戦略委員
和装学院振興協議会副会長
国際ソロプチミスト京都会員 (チャターメンバー)

  • 京都生まれ。
  • ミスコットン、ミスきものを経て、1964年に日本で初めての 「きもの教室」を開校。現在、全国に100余の分校を設置。
  • きもの教室開校40周年には、京都府、京都市の後援を得て、 記念事業『きものふりかえる・今・未来―21』を開催。京都市 長らと共に『パリ京都展』に出演するなど、フランス、アメリカ ロシアなど世界各地で、きものの普及を図る。
  • 舞妓、太夫、十二単などの古代衣裳を所蔵しており、それらの 着装指導やショーを随時開催。またデザインも手掛けており、 NHKの番組や万博の記念品など各種に及ぶ。
  • ショールのデザインでは『通産大臣賞』を受賞。
  • 1999年には『京都産業功労者表彰』を受賞。
  • 主な著書:『京風きつけ』『きもの百科』『きもの専科』など。
    NHKテレビ、ラジオ深夜便"心の時代"に出演のほか、雑誌でも 活躍中。鏡リュウジ(西洋占星術研究家)氏の母親としても有名。
野中 広務

長年にわたり国政の中核を担い、政界を勇退後も混沌とする日本の行方に対し、独自の鋭い視点で提言を続ける、信念の人。

元内閣官房長官
自由民主党 元幹事長
元京都府副知事

  • 1925年京都府船井郡生まれ。
  • 主な経歴:園部町議会議員、園部町長、京都府議会議員
    京都府副知事を経て、1983年衆議院議員に初当選し国政に 参加。自治大臣、国家公安委員長、自民党幹事長代理、 内閣官房長官、自民党幹事長などを歴任し、2003年政界を 引退。
杉田 亮毅

半世紀にわたり、言論・報道分野から日本経済の発展に寄与。現在、日本を代表するシンクタンクである日本経済研究センターの長として世界的に活躍している。

公益社団法人 日本経済研究センター代表理事・会長
株式会社 日本経済新聞社 参与
財団法人 日本相撲協会 横綱審議会 委員
公益財団法人 日本舞台芸術振興会(NBS) 理事

  • 1937年生まれ
  • 1961年 横浜国立大学経済学部 卒業 
    日本経済新聞社 入社
  • 1990年 日本経済新聞社東京本社 編集局長
  • 1999年 日本記者クラブ 理事長
  • 2003年 日本経済新聞社 代表取締役社長
  • 2008年 日本経済新聞社 代表取締役会長
  • 2012年 日本経済新聞社 参与/日本経済研究センター代表理事・会長
倉斗 宗覚

日本の伝統文化 茶道の裏千家家元教授として、国内はもとより、広く海外へも指導・普及に邁進している。

裏千家 業躰 正教授方 
裏千家学園 
茶道専門学校 教員

  • 明治大学 文学部 歴史地理学科日本中世史専攻、卒業
  • 裏千家学園卒業
  • 著書:「茶の美」「生活ごよみ」「茶道点前教則本」
  • 媒体協力:NHK教育テレビ 茶の湯指導、 映画・テレビ時代考証多数
中井 俊已

「未来を担う子どもたちへの教育が少しでも良くなるように」と、執筆・講演活動を通じて活躍中。

 

作家・教育評論家

  • 1959年 鳥取県生まれ
  • 1982年 長崎大学教育学部卒業
  • 1982年 精道学園精道三川台小・中学校に20年間勤める
  • 2002年 執筆活動に専念するため教員を退き、同校講師となる
  • 2004年 『元気がでる魔法の口ぐせ』が全国的なベストセラーとなる
  • 2005年 作家・教育評論家となる
  • 主な著書: 『ラッキー!』 『ハッピー!』 『オッケー!』 『元気がでる魔法の口ぐせ』 『マザー・テレサ愛の花束』『奇跡を呼ぶ天使の贈り物』 『もしも天国のマザー・テレサが 君のそばにいたら』 『子どもの「いいところ」を伸ばすほめ言葉ブック』 『幸せに気づく』『きっと、だいじょうぶ。』『ハッピーになろうよ。』 『ヨハネ・パウロ二世 愛と勇気の言葉』 (以上、PHP研究所)  『男の子って、どうしたら勉強するの?』 『女の子って、勉強で人生が変わるんだ!』  『男女別学で子どもは伸びる!』(以上、学研) 『思いやりを育てるしつけ51のヒント』 『子どもを伸ばすほめ方叱り方51のヒント』 『学力も人間力も伸ばす子育て51のヒント』(以上、学陽書房) 『きっと勇気がわいてくる魔法の言葉 全3巻』 『こころを育てる魔法の言葉 全3巻』(以上、汐文社) 『永井隆 平和を祈り愛に生きた医師』(童心社) 『あしたからの仕事が楽しくなる小さな習慣』(明日香 出版) 『平和の使徒 ヨハネ・パウロ二世』 『クリスマスのうたものがたり』(以上、ドン・ボスコ社)など
小林 千寿

10代の頃から今日まで一貫して、海外での囲碁の普及に尽力。世界の子どもたちの日本留学支援にも大きく貢献している、女流棋士。

日本棋院常務理事
囲碁・棋士・五段(公益財団法人 日本棋院)
小林孝之三段、小林健二七段、 小林覚九段は実弟

  • 囲碁歴
    1954年9月28日生まれ。4歳の時にアマ5段の父から囲碁の手ほどきを受け、6歳で木谷九段に入門。1972年 入段。1974年より欧州・北米・豪州・アジア諸国など30カ国以上で海外囲碁普及、囲碁留学生の受け入れを行う。1977年 五段。 2008年・2010年 『文化庁文化交流使』に指名され、フランス、オーストリア、ドイツ、 スイス、英国などで長期囲碁普及に携わる。
  • 役職
    2010年7月~2012年6月 公益財団法人日本棋院 常務理事
    2011年5月~ 公益社団法人将棋連盟 理事
    2011年8月~ 松江市観光大使
    2016年7月~ 公益財団法人日本棋院 常務理事
  • タイトル
    1977年 女流本因坊3回・女流鶴聖3回  棋道賞受賞
髙橋 英一

全国の料理学校や講習会の講師として後進の育成と京料理の進展に努める。料理のみならず、茶道や花の教壇にも立つ、おもてなしのエキスパート。

 

京都府無形文化財「京料理」保持者
南禅寺・瓢亭十四代当主

  • 1939年 京都生まれ
  • 同志社大学卒業
  • 1964年 瓢亭勤務
  • 1967年 瓢亭 十四代を継承
  • 1992年 京都府優秀技能者表彰受賞
  • 2006年 京都府文化賞功労賞受賞
  • 2007年 厚生労働大臣卓越技能者表彰受賞
  • 2009年 第六回裏千家茶道文化振興賞受賞
  • 京都料理芽生会会長、京都料理組合組合長等歴任

  • 主な著書
    • 「懐石入門」(柴田書店)
    • 「瓢亭−四季の料理と器」(柴田書店)
    • 「京都・瓢亭−懐石の器とこころ」(世界文化社)
    • 「瓢亭の点心入門」(淡交社)
    • 「旬の器−もてなしの美学」(淡交社)
浜田 泰介

1932年、愛媛県生まれ。滋賀県在住。京都市立美術大大学院を修了後、1961年から2度にわたり渡米。前衛的な抽象画で注目を集める。帰国後は日本画に転向し、「日本百景」「四国八十八ヶ所霊場めぐり」「大津百景」など風景画の連作を収めた画集を刊行。一方で大覚寺、醍醐寺、東寺、伏見稲荷大社、上賀茂神社、石清水八幡宮などに襖絵や障壁画を奉納してきた。

 

日本画家

  • 1955年 京都市立美術大学(現 京都市立芸術大学) 卒業
  • 1957年 京都市立美術大学 大学院 修了
■受賞暦
  • 1955年 関西総合展賞
  • 1958年 朝日新人展、毎日ベストスリ-展(連続四回選抜)
  • 1965年 シェル美術賞展佳作 受賞
  • 1997年 大津市制百年記念「大津百景」大津市文化特別賞 受賞
  • 2000年 第38回密教学芸賞 受賞
  • 2011年 よんでん芸術文化賞 受賞
  • 2012年 第60回愛媛新聞賞 受賞 など
謝 依旻

12歳で台湾から来日し、14歳のときにプロ入り。女流本因坊・女流棋聖・女流名人の称号を持つ、日本における最強女流棋士。

 

名誉女流本因坊
名誉女流名人

  • 囲碁歴
    • 1989年 台湾生まれ
    • 2004年 入段
    • 2012年 六段
    • 2016年 女流五冠達成(史上初)
  • 主なタイトル歴
    • 第8期女流最強戦優勝(初タイトル)
      第26期女流本因坊戦で史上最年少女流本因坊となる
      (以降6連覇)
      第20期女流名人戦で史上最年少女流名人となる
      (現在9連覇中)
      第13期女流棋聖戦で女流棋聖となる。
      (現在4連覇中)
  • 棋道賞優秀棋士賞、女流賞、特別賞など数々の表彰を受ける。タイトル獲得数22は、女流棋士史上最多記録。
  • 主な著書
    • 「世界一わかりやすい打碁シリーズ 謝依旻の碁」
      (マイナビ)

※2016年4月1日現在

森本 キミ

「21世紀のグローバルリーダー」の育成を目指し、自身の豊富な事業活動の経験と実績をもとに全国各地で企業人の教育活動に邁進!

 

国際ビジネスコンサルタント
株式会社スキーム 代表取締役
有限会社アートユー 代表取締役
株式会社ケイ・エムコーポレーション 代表取締役

  • 主な講演履歴
    • 群馬県高崎市市議会議員の会主催講演会
      「絆:世代を超えて通じるものとは」
    • 一般社団法人ニュービジネス協議会
    • 島根支部主催 群馬・島根交流会
      「一期一会の出会いが、人の絆・経営の輪を広める」
    • 株式会社エイピー愛コンサルタント主催
    • 経済同友会・経営者及び幹部講演会
      「上場企業経営者のモラル」
    • 北海道芦別市主催講演会
      「親子の絆について」

客員講師

今村 康子

軽妙な囲碁解説は、テレビなどでおなじみ。子どもから年配の方まで、今まで無関心だった人を次々と囲碁ファンに変身させる名講師ぶりは定評。

囲碁インストラクター
アマ6段 

  • 京都府生まれ
  • 龍谷大学短期大学部仏教科卒業
  • 元関西棋院院生、囲碁インストラクターとして、プロ棋士対局の解説やイベントの司会など、囲碁の普及に貢献
  • 主なタイトル歴等: 第51回全日本女流アマ囲碁選手権大会ベスト4/第27回朝日・関西アマ女流囲碁名人/ 第15回関西囲碁女王杯優勝/ 全日本女流アマ囲碁選手権大会京都府代表