トップページ > 大学・短大について > 教職課程情報公開

教職課程情報公開(教育職員免許法施行規則第22条の6 関係)

  • 教員養成の理念・目標

    大学としての教員養成に対する理念等について
    ①教員養成に対する理念・構想
    平安女学院大学は学則第 1 条に「キリスト教の精神に基づく教育を通して、自由で自立した人格を形成するとともに、建学の精神-『知性を広げ、望みを高くし、感受性を豊かにし、そして神を知らせる』-を体得した人間を育成し、地域社会ならびに国際社会に積極的に貢献する人材を養成することを目的とする」と定めており、これに沿った人材の養成に努めてきた。同時に、社会で求められる対応力を高める教育に力を入れており、その実現のために、教育指針として「躾・心得・愛」を備えた女性の育成を掲げている。
    本学の人材養成の目標と教育指針は、平成 17 年 10 月の中教審答申「新しい時代の義務教育を創造する」が示す、優れた教師の条件としての豊かな人間性や社会性、常識と教養、礼儀作法をはじめとする対人関係能力、コミュニケーション能力などを含む「総合的な人間力」の育成と軌を一にし、常に研究と修養に努め、専門性の向上を求めるべき教職者の資質能力の形成に合致するものである。
    かくして、本学はその建学の精神に基づいて、人間育成を自らの主要な任務と自覚し、より質の高い教員養成教育に使命感を持つものである。
    本学では、これまでに中等教育教員養成課程(英語、福祉)および保育士養成課程をもち、
    ・ 心身ともに自立する。
    ・ 教職への使命感、責任感、教育的愛情を持つ。
    ・ 日々変革する社会に適応する能力、対人関係能力を持つ。
    という平安女学院のミッション宣言に基づく教員養成を行ってきた。
    その実績の上に立って、子どもに対する総合的で体験的な学びを構成する初等教員養成課程を設置し、子どもの教育に対する現代的な使命感と責任感を養い、幼児・児童に対する教育的愛情と人間の成長・発達についての深い理解、並びに教科等に関する専門的知識と広く豊かな教養を身につけた、豊かな人間性と確かな実践的指導力をもった新しい教職者の育成を図ろうとするものである。


  • 教員養成に係る組織

    1.教員の養成に係る組織の概要
    (1)平安女学院大学教員養成カリキュラム委員会

    目的:教員養成委員会は大学全体として教職課程を責任をもって運営し、学校現場、地域、教育行政など、養成された教員を受け入れる側の視点に立って教育課以前を推進することを目的とする。
    活動:教員養成委員会は目的達成のために、次の活動を行う
       ①教職課程の編成
       ②教職カリキュラムの検証や改善
       ③教職指導の企画・立案・実施
       ④教育実習やインターンシップ等における学校や教育委員会との連携協力
       ⑤その他、教員養成委員会の目的を達成するために必要な活動に関する事項
    構成:委員長 学長
       副委員長 副学長
       委員 教学部長・子ども教育学部長・子ども教育学科長・短期大学部長・保育科長
       事務担当:教務チーム

    (2)教務チーム・実習支援チーム
    教育実習などの各種実習に関わる手続きや教員免許状取得に係るガイダンスなどを担当します。子ども教育学部の学生は2号館1階、保育科の学生は3号館保育事務室に担当職員がおり実習に係る相談、事務手続きを行っています。

    2.教員体制及び授業科目(授業の内容・方法、授業計画はシラバス検索で参照)
    (1)子ども教育学部

      ①小学校教諭一種免許状
      ②幼稚園教諭一種免許状

    (2)短期大学部保育科
      幼稚園教諭二種免許状


  • 教員養成にかかわる教員の経歴、業績、担当科目
    子ども教育学部
    短期大学部 保育科

  • 教員養成に関わるカリキュラム・シラバス
    シラバス

  • 学生教員免許状取得状況
    教員免許状取得状況

  • 教員への就職状況
    採用試験合格実績

  • 教員の養成に係る教育の質の向上に係る取り組み
    アグネス教師塾