トップページ > 大学・短大について > 大学の特色

大学の特色

①愛をもって人に尽くす「キリスト教主義」に基づいて教学を推進します。
母体は、イングランド国教会から生まれ、世界160ヵ国をカバーするキリスト教会である「聖公会」。何よりも「愛」を大切にし、「愛」をもって社会に貢献するための教学を推進しています。
②創立者ミス・エレン・G・エディの志を胸に、女子教育一筋に取り組んでいます。
平安女学院は、今から140年前にはるばるアメリカからキリスト教の伝道のために来日した若き創立者ミス・エディが創立。「日本人女性の地位向上」にかける彼女の思いが、現在に至る学院の精神として息づいています。
③保育者養成と英語教育の分野での草分け的な立場で、教育界をリードしています。
生徒3人の「エディの学校」として英語を教えることから始まった平安女学院は、1915年に幼稚園を開設し、1921年には「保姆部」を設立して保育者の養成を開始。先駆者としてのスピリッツとノウハウは現代に力強く引き継がれています。
④京都の文化とともに培われた由緒ある歴史を持つ「おもてなし大学」です。
平安女学院は、大阪で産声を上げ、旧二条城の跡地で京都の文化とともに育ちました。茶道裏千家の千玄室大宗匠が名誉学院長を務める本学には、京都のおもてなし文化を代表する各界の名士による「日本おもてなし学会」の本部がおかれています。有栖川宮旧邸を所有する学校、日本ではじめてセーラー服を制服に採用した学校としても有名です。
⑤茶道などの伝統文化や教養の習得を学びの柱としています。
茶道を大学で1年次必修科目、2年次以降および短期大学部で選択科目に配置し、4年間履修して優秀な成績を修めれば、茶道裏千家の許状や資格を取得できます。社会人として身につけるべき教養や幅広い知識・マナーの習得に特に力を入れています。
⑥少人数できめ細かく一人ひとりの学生に寄り添い、成長を一歩ずつ支援します。
少人数制と教員の「クラス担任制」を採用。一人ひとりの顔の見える教育が魅力です。また、人間関係を何よりも大切にし、運動会や各種大学行事を通じて、学生・教職員がお互いに親睦と交流を深めています。
⑦全学生が、「貴品女性」という目標に向けて主体的に取り組んでいます。
学生一人ひとりが「躾(マナー)」「心得(スキル)」「愛(ホスピタリティ)」を身につけた「貴品女性」を目標に人格形成に励む学風の中、挨拶や立ち居振る舞い、コミュニケーション力を培っています。
⑧総合的・複合的なキャリア支援により、就職率は4年連続100%です。
教科での「キャリア形成教育」、キャリアセンターを軸とする「キャリア支援プログラム」、教員と職員が一体となった「個別指導」により、キャリアデザインから就職決定まで総合的に支援。就職率は4年連続で100パーセントを達成しています。
⑨学びの内容にぴったり合った2つのキャンパス
 
歴史と文化、都市の機能が凝縮した「京都御所西」にあって、多くの文化財を抱える京都キャンパスは、おもてなしと観光の学びに、また、豊かな自然環境の中、子どもたちと触れ合いながら学べる高槻キャンパスは、初等教育・幼児教育の学びにぴったりです。