トップページ > キャンパスライフ > 学生生活支援システム

学生生活支援システム


奨学金制度

学費の減免や修学支援給付など経済面から修学をサポートする、さまざまな奨学金を用意しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

学生支援

クラス担任制度

本学では教員によるクラス担任制を導入し、学生生活全般にわたって学習指導や学生相談にあたっています。各学期当初にはクラス担任による個人面談を行っています。欠席数の多い学生に対しては、クラス担任が面談等による個別指導を実施しており、きめの細かい対応を心掛けています。また、オフィスアワーの時間も活用して、学生の個別相談に応じています。

図書館による学習支援

図書館では学生の学習支援のために、図書館利用ガイダンスを実施しています。これは新入生に図書館の利用方法や資料収集の基礎的な知識を修得させるための講習です。また、 3年生に対しては、卒業研究を視野に、論文検索演習を実施しています。授業担当の教員からの要請があれば、学年や学科に応じた個別のプログラムも提供しています。個別の相談には常時、カウンターでレファレンスに応じています。なお、図書館の閉館時間は授業終了後も学習可能となるよう19時に設定しています。

情報関連の学習支援

京都キャンパスと高槻キャンパスにそれぞれ情報処理演習室を置き、授業時間以外は学生に開放しています。トラブルや操作上の質問事項には、隣室に常駐する職員が対応しています。

学生の意見を汲み上げるシステム

学生からの学習に関する要望は、クラス担任、事務部教務チーム、学生サービスチームの各窓口で受け付けています。また、「授業評価アンケート」や「学生生活の満足度調査」を実施し、学生のニーズの把握に努めています。

メンタルヘルス

大学生活は悩みの多い時期です。臨床心理士が相談にのります。ひとりで考え込まずに気軽に立ち寄ってください。※週3日

就職支援

各キャンパスに CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)資格保持者を配置しています。キャリアサポートセンターの室内では、企業をはじめ、幼稚園、保育園、福祉施設の資料を学生が自由に閲覧できる環境にしています。また、就職活動専用パソコン、就職関連図書、各種就職情報サイトの資料などを用意して、事業所の情報やWEB情報を検索できるよう整備しています。

保健室・校医

保健室

保健室は開かれた健康相談の場です。いつでも気軽に利用できるよう女性看護師が常駐しています。