トップページ > 受験のための情報 > 減免・奨学金制度

減免・奨学金制度

減免制度

①入学初年度授業料半額免除制度

初年度授業料の半額 秋学期分を免除

②指定校推薦入学者入学金減免制度

高等学校の評定平均値が4.3以上の方は、入学金を全額免除します。また、評定平均値が4.2~3.8の方は、入学金を半額免除します。

  条件 免除額
大学 評定平均値
4.3以上
入学金全額
250,000円
評定平均値
3.8~4.2
入学金半額
125,000円
短期大学部 評定平均値
4.3以上
入学金全額
100,000円
評定平均値
3.8~4.2
入学金半額
50,000円

③再受験者検定料免除制度

一度出願(入学検定料30,000円を払込)すれば、以降の検定料は免除されます。推薦入試・一般入試・センター試験利用型入試を通して、何回でも受験できるので、第1志望の学科へ再チャレンジがしやすくなります。
(スカラシップチャレンジの場合も適用)

  免除額
大学、短大
共通
30,000円
一般入試とセンター試験利用型入試を同時に出願(同じ封筒で出願)する場合は、センター試験利用型入試の検定料(5,000円)を免除します。

④茶道特別推薦入試 入学金半額免除制度

茶道特別推薦入試で合格し、入学する方に対し入学金を半額免除します。

  免除額
国際観光学部
子ども教育学部
125,000円

奨学金制度

①成績優秀者特別奨学金制度

一般入試A(スカラシップチャレンジを含む)で、各学科において優秀な成績を修めた方(合格者の上位5%以内)に、入学年度から最長4年間(短期大学部では2年間)継続して学費の半額(秋学期分)を給付します。

  年次 奨学金
大学 1年次 575,000円
2年次以降 630,000円
短期大学部 1年次 550,000円
2年次 635,000円

②海外語学留学奨学金制度

国際観光学部の2年次海外語学留学プログラムに参加する方に貸与します。4年次まで在籍して卒業すると、返還を免除します。

対象 留学先 奨学金
国際観光学部 英語圏 1,200,000円
中国語圏 600,000円

③海外語学研修奨学金制度

子ども教育学部の夏期ニュージーランド語学研修プログラムに参加する方に貸与します。4年次まで在籍して卒業すると、返還を免除します。※20名定員

対象 奨学金
子ども教育学部 200,000円

④遠隔地出身学生奨学金制度

遠隔地出身のために自宅通学できず聖アグネス寮に入寮した学生を対象に、入学年度から最長で4年間(短期大学部は2年間)の在学期間中かつ入寮期間中、奨学金を給付します。(出身地、収入金額等の適応基準を満たす方)

対象 奨学金
大学、短大共通 216,000円 円/年(寮費全額)
※管理費(光熱水費含む)、食費は別途負担(初年度のみ入寮費100,000円がかかります。)

その他の奨学金

日本学生支援機構奨学金

  第1種奨学金(無利子) 第2種奨学金(有利子)
大学 短大
自宅 自宅外 自宅 自宅外
貸与月額 30,000円
または
54,000円
30,000円
または
64,000円
30,000円
または
53,000円
30,000円
または
60,000円
30,000円・50,000円・80,000円・
100,000円・120,000円
の中から希望額を選択
出願期間 入学時特別増額貸与(有利子もあり)
入学後4月中旬の説明会で申込書を配布し、提出期限をお知らせします。
入学前に奨学金を予約制度があります、詳しくは日本学生支援機構ホームページよりご確認ください。

地方公共団体や民間育英団体の奨学金は、募集があれば随時掲示板でお知らせします。募集は、4月~5月頃に集中します。詳しくは、学生サービスチームへ問い合わせてください。


大学入学前に奨学生として内定している方へ
「大学等奨学生採用候補者決定通知」について

大学入学前に、日本学生支援機構奨学生採用候補者として内定している方は、指定期日までに「採用候補者決定通知」一式と「進学届入力用下書き用紙」を学生サービスチームに提出してください。

「在学届」の提出について

高等学校など在学中に日本学生支援機構奨学生であった方は、大学在学中は奨学金の返還が猶予されます。「在学届」を学生サービスチームへ提出してください。

「異動届」の提出について

奨学生が、休学、復学、転学、退学などの場合、また住所が変更になった場合は、「異動届」を日本学生支援機構に提出しなければなりません。必ず学生サービスチームへ申し出てください。
詳しくは、日本学生支援機構ホームページへ

関連リンク

日本学生支援機構の奨学金(JSコーポレーション)