平安女学院について

ホーム >> 平安女学院について >> 明治館について

明治館について

 

明治館の保存・改修工事について

 2004年6月24日、国の登録有形文化財に認定されたことを契機として、多くの卒業生、同窓会また建築関係の先生方のご支援を受け、2005年度より、本格的な保存改修工事に着手しました。
 2005年度は、明治館西棟の耐震構造補強と屋根葺替を主とした保存・改修工事を完了しました。煉瓦造りの壁は接着用コンクリートを注入し、鉄板で補強しました。また瓦募金にご協力いただいた方のお名前を記した瓦で西棟すべて屋根を葺き替えました。
 2006度は明治館西棟の内装および中央棟の耐震構造補強と屋根葺替を実施しています。改修後の明治館は、国際観光学部の授業、同窓会事務室、集会室・サロンとして活用する計画です。
 保存・改修工事完了までに、なお多額の資金を必要としています。アグネス基金および明治館瓦募金にご協力を賜れば幸甚に存じます。 工事の状況を写真にてお知らせいたします。