学院の沿革

ホーム >> 学院の沿革 >> 大正デモクラシーの時代

大正デモクラシーの時代

西暦 邦暦 平安女学院の動き 社会の出来事
1915 大正4 3月平安高等女学校の設立認可 高等科に秘書部を設置 中国に21ヵ条要求
    4月聖三一幼稚園開設園長ミス・サザン  
    5月田村院長永眠のため早川喜四郎を後任院長に委嘱 9月就任  
1916 大正5 2月大正天皇即位の大典に使用した木材の「下付」を願出  
    11月聖三一幼稚園室町通下立売上ルに移転  
1917 大正6 8月室町通下立売下ルに幼稚園園舎を新築  
    11月1日学院関係者追悼会(第1回)を開催 遺族卒業生若王子に墓参 ロシア革命
1918 大正7 3月卒業生の送別会を講堂で行う 本年より開始 シベリア出兵
    11月室町通西側に寄宿舎及び女教師館を新築 米騒動
1919 大正8 5月幼稚園長ミス・サザン帰米、ミス・アンブラー園長就任 朝鮮・中国で抗日運動
    10月31日新校舎(大正館)落成式及び天長節祝賀式 ベルサイユ条約調印
1920 大正9 10月30日教育勅語30年記念式
午後は卓球大会と学芸会を開催
国際連盟成立 加盟
    11月洋式制服及び記章を制定  
    12月大正10年度限りで裁縫科の廃止を決定  
1921 大正10 2月高等女学校を五年制とし、高等科に保姆部を設置する メートル法採用
    4月幼稚園を「平安幼稚園」と改称、園長にミス・ディスブロー就任 ワシントン会議
    ミス・ウイリアムス米国聖公会から派遣され来日 日英同盟廃棄
1922 大正11 6月京都各女学校卓球大会銅駝校に於て開催本校が優勝 全国水平社創立
    11月高等科2年、本科4年の40名伊勢・東京・日光方面へ卒業旅行 イタリアファシスト内閣成立
1923 大正12 9月寄託された反物帯地を衣類に製作、古着800点と合せ被災地に発送 関東大震災
    12月聖三一大聖堂で聖アグネス教会の創立発会式 朝鮮人・社会主義者ら大虐殺
1924 大正13 4月早川院長満州へ視察に赴く 第二次護憲運動
    7月小浜へ海水浴  
1925 大正14 3月23日卒業式高等科44名本科は五年級設置のため卒業者なし 治安維持法公布
    8月早川院長学事視察のため渡欧 翌年4月帰国 普通選挙法公布
1926 大正15 5月学院設立者をニコルス主教に変更  
    6月高等科(家政部・保育部)卒業生に教員免許状交付  
    7月京都市電河原町線丸太町四条線開通  
  昭和1 11月バザー開催  
1927 昭和2 8月有志者による富士登山実施 金融恐慌
    9月卒業旅行として朝鮮に行く  
1928 昭和3 6月「平安女学院新聞」創刊内務大臣に届出る 第1回普通選挙実施
    12月クリスマス音楽礼拝式を行う  
1929 昭和4 3月 学院規則改正高等科を専攻部(英文・家政科三年、保育科二年)とする  
    3月22日 新校舎落成感謝式挙行式後講堂で西洋食の立食会を開催 世界恐慌始まる
    12月19日 第1回クリスマス・カンタータを行う  
    4月 旧館を明治館、煉瓦校舎を大正館、新校舎を昭和館と命名  
1930 昭和5 1月21日 聖アグネスの日を創立記念式日と定める ロンドン軍縮条約調印