「平安女学院へ お帰りなさい
              メモリアル・ルームへようこそ」
              

2003年5月19日(月)午前11時、1944年度
(S19年)の卒業生20名が集まり、平安女学院チャペルで卒
業59周年感謝記念礼拝が行われました。
礼拝では、聖歌が歌われ、「平和を作り出す人々は幸いであ
る」という聖書の個所が朗読され、チャプレンによるお話の
中では1944年戦時中の卒業の困難さを共に振り返り、今
学んでいる生徒や教職員と共に平和を願い求めたいことが話
されました。困難な時代を経てこられた卒業生と共にチャペ
ルで祈りのひと時をもつことが出来ること自体、平安女学院
が平和を作り出す共同体となっていくことだと話されまし
た。そして逝去された恩師、同級生の方々へ黙祷をささげ、
今学んでいる学生達のためにお祈りしました。

その後、メモリアル・ルームへ来訪されました。

一瞬のうちに“女学校時代”へとタイムスリップ!

「見て、私が写っているわ!」

と黄色い声をあげたり、自分たちが着ていた制服を見て、
「このリボンの結び方は違うわ、もっと下の方でふわっとさ
せなくっちゃ」

と、指摘される場面もありました。

しばし楽しい時を過ごされ、皆様の笑顔がとても印象的でし
た。
この模様やメモリアル・ルームでの様子は“みやびじょん
TV”で放映されます。

6/2(月)〜6/15()      

      時間帯:1115〜 (月〜日)

          1530〜 (月〜金)

               1845〜 (月〜日)       

               2030〜 (月〜日)

           ※15分番組です
※メモリアル・ルームにビデオが入ってきますので、ご覧に
  なりたい方は是非お越しください。
No.2は歴史資料室運営委員会メンバーをご紹介する予定で
す。