トップページ > 学部・学科 > 子ども教育学部

子ども教育学部

希望進路に基づくコース編成
取得資格
キャリアサポートと就職状況
実習協力園・小学校
教員紹介
学生・卒業生のコメント

学部長挨拶

子ども教育学部では、社会適応力の高い女性の育成という教育理念に基づき、子どもたちが、自らの力や個性を生かして夢や志を持ち、粘り強く取り組み、即戦力となる「資質の高い教諭・保育士」を育成しています。複数の教員免許(小学校教諭一種免許状・幼稚園教諭一種免許状)と、保育士資格を取得できるカリキュラム編成と、二つのコース制を特色としています。
「子ども教育コース」は、教諭に必要な能力を総合的に身につけて小学校教諭と幼稚園教諭を目指し、「乳幼児保育コース」は、乳幼児の発達を支援する幼児教育・保育を総合的に身につけて保育士を目指します。また、社会のさまざまな分野において初等教育・保育の素養をもって貢献できるボランティアとしての人材育成にも力を入れて、広く多方面に複合的に対応する教育を行っています。
教諭や保育士を目指す学生にとって大切なのは、子どもを理解し、子どもと主体的にかかわることであり、多様な教育活動に必要なことを積極的に学ぶ姿勢です。そのため本学部のカリキュラムには、教員免許・保育士資格取得に必要となる専門的な科目はもとより、1年次から4年次まで、インターンシップ、教育ボランティア等、現場体験を通して子どもと関わる経験を重ねるため、すべての学年で実践科目が組み込まれています。
教職員一同、未来の子どもを育てることにやりがいと情熱をもって小学校・幼稚園教諭・保育士を目指すみなさんを待っています。