トップページ > 学部・学科 > 子ども教育学部

子ども教育学部

希望進路に基づくコース編成
取得資格
キャリアサポートと就職状況
実習協力園・小学校
教員紹介
学生・卒業生のコメント

学部長挨拶

子ども教育学部は、子どもの教育・保育に関する幅広い知識と教養を身につけて、教育・保育の分野に幅広く携わる人間性豊かな人材の育成を目的として、保育士・幼稚園教諭・小学校教諭・中学校教諭(英語)の養成課程があり、先生になりたいあなたの夢を叶えることができる学部です。
子どもを取り巻く環境はめまぐるしく変化していますが、どの種類の先生になるにしても、子どもと関わるときの基本的な姿勢は一環していなければなりません。それは決して支配的にならずに、子どもの個性を見極めて、その子にふさわしい将来の方向に進むことができるように支援することです。自分が進むべき道を、自分で見つけて、ひとりで歩むことができるようにすることです。そして、そのためには、まず自分自身が自分で考えて行動できるようになることが大切です。
本学部では、目指す先生の種類に合わせて2つのコースを用意しています。「子ども教育コース」では、主として小学校教諭と中学校教諭(英語)免許の取得を目指し、「乳幼児保育コース」では、主として保育士資格・幼稚園教諭免許の取得を目指します。それぞれのコースはサブ資格免許として保育士資格・幼稚園教諭免許および小学校教諭免許を取得することが可能です。
どの先生になるにしても、免許資格取得に必要な専門的科目は国によって定められていて、課程を修了すると免許資格を取得することができます。でもそれだけでは良い先生になることはできません。良い先生とはどんな先生なのでしょうか。本学部では1年次から4年次まで、教育実習、保育実習のほかにインターンシップ、教育ボランティア等、現場体験を通して子どもと関わる経験を重ねて、それを学んでいきます。さらに徹底した個別指導を懇切丁寧に行いますので、学修上の悩みをはじめ不安に思っていることもなんでも安心して教職員に相談することができます。ですから、いつの間にか良い先生とは何かを体得していることでしょう。
あなたも、平安女学院大学子ども教育学部で、先生になりたい夢を叶えましょう。
※中学校教諭(英語)については2019年度設置認可申請中
 ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

子ども教育学部長 松尾光洋