トップページ > 学部・学科 > 子ども教育学部 > 一歩先を行く3つの学び

一歩先を行く3つの学び

デジタルメディア活用能力を身につける学び―「情報技術」科目

■目的に合った適切な情報を収集して整理し、よく理解した上で、分かりやすくまとめ直して表現し、伝達する能力は、これからの社会で必須となります。子どもたちに教える前に、教員自身にその能力が求められます。「情報技術」の授業などで、タブレットをより身近なデバイスとして使いこなし、パソコンや電子黒板システムを効果的に活用する方法を学びます。

おもてなしの心を養い伝統文化への造詣を深める学び―「伝統文化論(茶道)」科目

■「茶道」は日本を代表する文化といわれ、おもてなしの心でもあります。その「茶道」を「伝統文化論(茶道)」の授業で学びます。裏千家への特別拝観、和菓子作りの実習、幼稚園児を招いて薄茶一服等、様々な体験学習を通じて、日本の伝統文化への理解を深めるとともに、おもてなしの心と社会的なコミュニケーション力を養います。1年次必修・2年次以降選択に配置しているこの科目を4年間履修して、必要な成績をとれば、裏千家の指導者としての許状を取得できます。

子どもたちに英語の楽しさを教えるための学び―キッズイングリッシュプログラム

■英語でコミュニケーションができるよう、少人数のワークショップ形式で会話力の向上を図ります。さらに、小学校での授業をイメージしながら、キッズイングリッシュ(子どもたちに英語を教えるための英会話)の力を身につけます。


■「イングリッシュラウンジ」にはネイティブの英語教員が常駐しているので、いつでも質問ができ、教員や学生同士の英会話で「反復学習」ができます。


■夏休みを利用して、ニュージーランド国立ワイカト大学*への「20万円奨学金付き17日間キッズイングリッシュ研修」を行います。この研修は、子どもに英会話を楽しく指導する力をつけるため、海外の名門大学で英会話を学び、その成果を現地の小学校でのインターンシップで確認するプログラムです。


海外キッズイングリッシュ研修プログラム


●研修先:ニュージーランド ハミルトン市・ニュージーランド国立ワイカト大学
●期間:8月に17日間(移動含む)
●プログラム内容:ワイカト大学パスウエイカレッジでの子ども教育のための英語学習/現地小学校・幼稚園でのキッズイングリッシュ実習体験
●宿泊:大学が厳選したホストファミリー宅でホームステイ
●奨学金:参加者全員に20万円貸与(卒業まで在籍すると返還免除)

※教育水準が高いニュージーランド第4の都市・ハミルトン市にあり、世界大学ランキングでトップ2%にランクイン。70ヵ国から葯2千名の留学生が学んでいます。