トップページ > 学部・学科 > 子ども教育学部 > 学生・卒業生のコメント

編入学生Q&A


平安女学院大学 子ども教育学部には、幼稚園の先生など子どもと関わる仕事への進路変更を考えている方などを対象に、「編入制度」があります。これから編入を考えている方が不安に思うようなことについて実際のところどうなのか、昨年、本学部に編入学した学生に尋ねてみました。(写真の前列中央が編入生です。)

Q1 編入しようとしたきっかけは?

教育現場で働いていた経験があり、子どもの成長をサポートする仕事にやりがいを感じていました。その時は小学校高学年~中学生を対象にしていたのですが、子どもの人格形成に最も重要な幼児期に関わる仕事がしたいと考え、幼稚園教諭免許状取得のために編入を決意しました。

Q2 編入試験を受けるにあたって心配だったことはありますか?

学校見学の際、対応頂いた大学の先生から試験についての説明も受けていたため特に不安はありませんでした。ただ、長らく小論文から遠退いていたため、出されたお題についてきちんと内容をとらえて書けるのか不安でした。

Q3 卒業後の進路は何を目指していますか?

幼稚園教諭を目指しています。


Q4 子ども教育学部でどのような免許、資格の取得を目指していますか?

子ども教育学部の編入生が取得可能な幼稚園教諭一種免許状と小学校教諭一種免許状の2つの免許の取得を目指しています。 編入の目的は幼稚園教諭になることだったため、これから認定こども園が増えることを考え同時に保育士資格も取得できる短大への入学にしようか迷いました。しかし、短大では幼稚園二種と保育士資格の取得だったため保育士資格は国家試験受験で取得し、小学校教諭一種免許状取得のための勉強をすることで幼稚園と小学校の繋がりを理解し保育に活かせると考え、幼稚園一種と小学校教諭一種が取得できる大学への編入を決意しました。


【補足】 2017年時点では子ども教育学部への編入では幼稚園教諭一種免許状と小学校教諭一種免許状とが取得できますが、保育士資格は取得できません。保育士資格を取得するには厚生労働省の保育士試験を受けることになります(平成28年は、4月筆記、7月実技と10月筆記、12月実技の試験があります)。実習は4年次(編入2年目)の幼稚園での教育実習のみで小学校での教育実習に行かなくても小学校の免許も取得可能です。

Q5 編入生は保育士資格の取得ができませんが、どのような対策をしていますか?

保育士資格は国家試験のみでも取得できますが、自主学習だけでは理解しきれない科目があったため、単位取得と組み合わせて受験しました。また、幼稚園教諭免許状を取得することで免除される科目があるため、実際に国家試験を受けたのは2科目のみでした。


【補足】 保育士資格試験では幼稚園教諭免許所有者を対象とした科目免除の制度があり、2017年時点では幼稚園教諭免許を取得していることで、「保育の心理学」、「教育原理」、「実技試験」が免除になるほか、指定保育士養成施設(例えば本学、平安女学院大学子ども教育学部)で対応する科目を修得することで免除になる科目があります。当該学生は編入2年目の4月に保育資格試験を受験し、2ヵ月後には合格通知を受け取りました。なお、保育士資格を取得するためには、幼稚園教諭免許取得後(卒業後)、幼稚園教諭免許所有者の科目免除を申請するために、保育士試験の受験手続きをすること(免状手続きをするためだけに受験手続きをするので実際に試験は受けない)で、保育士の資格が得られることになります。

Q6 保育士資格の試験を受けてみて難易度はどうでした?

保育士資格試験での受験科目をインターネットで調べ、その難易度や一発合格率を調べて合格しやすい科目でなおかつ興味のある2科目に絞ったことで難しさは感じませんでした。また、試験はマークシート形式で6割取れば合格なので基本的なところを押さえておくだけで合格できました。

Q7 大学の授業に関して忙しいと感じますか?

課題提出や補講が重なる試験前は忙しいですが、普段は空き時間や午前授業だけの日もあります。授業は遅くても18時までのためアルバイトやボランティア活動をする余裕もあります。また、大学は夏と春に長期休暇があるため旅行にも行きました。

Q8 同級生との関係はどうでしょう?やりにくいと感じるところはありますか?

困っていることはないか、何か手伝えることはないかと積極的に声を掛けてくれる同級生がたくさんいます。少人数で手厚い教育をされているため、同級生全員が編入生の存在を知っており、気にかけてくれます。特に、ゼミのメンバーは友達と接するように関わってくれます。とても居心地よく楽しく学生生活を送れているのも、彼女たちが受け入れてくれているからだと感じています。(写真はゼミの授業中を撮影したものです。)


Q9 編入を考えている方へメッセージをお願いします。

興味関心があることを学ぶことは本当に楽しいです。新たな発見や自分にはなかった視点に気付くことができます。新しいことに挑戦するのに年齢は関係ありません。勉強したいという思いがあっても、様々な不安から編入を決意できない方も多いと思います。仕事をやめて編入するため収入は減り学費はかかりますが、お金はまた稼ぐことができます。勉強したいと思ったときが1番の学び時です。社会人になるとその生活が当たり前になることが多いため、誰もが学びたいと思えるわけではありません。せっかく思えたその気持ちを大切にして大きな1歩を踏み出してほしいです。

いかがでしょうか。子ども教育学部への編入はもともと短大で幼稚園教諭二種免許と保育士を取得した学生を想定していたため、当該学生のように両免許資格を取得済みでない場合は大変なことも多いと思いますが、何とかやっているようです。 編入を検討されている方がおられましたら、お気軽にお問合せください。オープンキャンパスや大学見学で待っています。


お問い合わせは 入学センターまで TEL:075-414-8108 MAIL:admission@heian.ac.jp