トップページ > 学部・学科 > 子ども教育学部 > 実習・体験・ボランティア

実習・体験・ボランティア


高槻市との間で、教育・保育等の分野における多様な協定・覚書を取り交わし、学生が高槻市内の小学校・幼稚園・保育所での教育活動・地域活動を行う機会を豊富に確保しています。これらを通じて、社会的・職業的自立に必要な能力を育んでいます。

高槻市教育委員会などと多様な協定・覚書を締結し、体験を通してのキャリア学習の機会を豊富に確保しています

高槻市教育委員会との教育連携協定/高槻市教育委員会・高槻市子ども未来部との学生インターンシップに関する覚書/高槻市教育委員会との教育実習に関する覚書/高槻市子ども未来部との保育所インターンシップならびに保育実習に関する覚書

インターンシップ

小学校・幼稚園

3年次に実習予定の高槻市内の小学校・幼稚園・保育所で、1・2年次にインターンシップを実施します。進路に迷っていても現場を知って2年次秋学期までに学生自身の適性に応じて進路を確定できます。
インターンシップ先は基本的に1年次・2年次ともに同じ園・学校で実施します。1年間で成長した自分を試す機会でもありますし、1年前に出会った子どもたちの成長した姿を目にすることができるのは、本学ならではのインターンシップ体験です。

保育所

学生が、保育所における日常的な保育活動・保育の方法を見学し、直接的な体験を通して自らの保育職への適性を把握し、人間としての成長や社会的意識を向上させるため、次のような内容で行います。

  1. 保育所の一日の仕事の中で、保育士の役割について理解する。
  2. 乳幼児とのふれあいや保育士の補助を体験し、乳幼児保育の大切さを知る。
  3. 保育所インターンシップ研修日誌を書き、体験内容を整理する。
  4. 事前に各自が保育所に連絡を取ってオリエンテーションに出向き、終了後に礼状を書く。

ボランティア体験

大学で学ぶフィールドはキャンパスだけではありません。将来教育、保育の仕事に就く学生には地域活動行事などのボランティア活動を通じて視野を広げ自分の可能性を発見できる大切な学びの機会です。子ども教育学部ではキャンパスのある高槻市の行事に、積極的にボランティア参加しています。

放課後学習室

高槻市内の公立小学校に出向き、週1回・1年間、5年生の家庭学習を支援します。

教育ボランティア

高槻市内の公立小学校・幼稚園からの依頼に基づき、2~4年生が教室で支援します。

「教職実践演習(幼・小)」における発展学習

4年次後期に半年間、高槻市内の公立小学校または学童保育室で発展学習に取り組みます。小学校志望の学生は、教育実習校である高槻市内の公立小学校を継続して訪問し、教育実習やその省察により、自分が教員になった時にどのように学級運営・学習指導を行い、児童を理解するかについて具体的にイメージしていきます。
保育所志望の学生は、高槻市内の学童保育室を訪れ、保護者の就労や疾病等で放課後に適切な保育が必要とされる小学校1~3年の児童に接して理解し、生きる力や人間関係を学びます。