教員紹介

教授

谷口 吉弘


学位・資格
工学博士
職位
教授
所属学会
日本化学会、日本おもてなし学会、留学生教育学会
研究分野
生命科学、高等教育政策
研究内容のキーワード タンパク質、水・水溶液、赤外・ラマン分光、高圧力、留学生・高等教育政策
主な業績・その他
  • 「全身麻酔のメカニズムに関する新しい知見と考え方」麻酔(克誠堂出版)Vol.57,pp.4-21(2008)
  • Uncovering the physical origin of the difference between aliphatic chain and aromatic ring in the hydrophobic effects on partial molar volume, J. Chem. Phys., Vol.128, pp.44502-44508 (2008)
  • High pressure FTIR spectroscopic study on the secondary structure changes in insulin amyloid and aggregations, High Pressure Research,Vol.29, pp.676-679 (2009)
  • 留学生三十万人計画と私立大学の役割、大学時報、Vol.321,pp.94-99 (2008)
  • 国費外国人留学制度の成果・効果と改革の方向性、留学交流、Vol.6, pp.1-10 (2011)
三木 正博


学位・資格
工学士
職位
教授
所属学会
日本道徳性発達実践学会、日本臨床教育学会
研究分野
学校教育学
研究内容のキーワード 学校教育、教科外教育、道徳教育、障がい児教育、生活指導・生徒指導、学級集団・経営
主な業績・その他
  • 『幼児期から青年期にかけての発達の見通しにたった異校種連携の基本理念をめぐって』Educare 2009,30,59-68 大坂教育大学幼児教育学研究室
  • 『「道徳教育」根幹の学校づくりを人権の視点から考える』第10回日本道徳性発達実践学会「記念シンポジウム」研究発表(2010年11月)
  • 憲法記念「大阪府知事表彰」受賞(2011年5月)
  • 『高槻市立郡家小学校における「道徳教育」根幹の学校づくり』‐7年間の実践と検証過程‐道徳性発達研究第6巻第1号(2011年10月)Vol6,No.1,Pp.2-9(October,2011)道徳性発達実践学会
君島 茂


学位・資格
教育学修士
職位
教授
所属学会
日本教育学会、日本教育法学会、日本比較教育学会、日本高等教育学会
研究分野
教育学
研究内容のキーワード 比較教育、高等教育、初年次教育、幼保一元化
主な業績・その他
  • 『学校教育の原理』編著 三学出版(2007年12月)
  • 『就学前教育における「保育」概念の変遷(その2)-「保育所の幼稚園化」をめぐって-』(平安女学院大学研究年報第9号pp.73~82)
  • 『就学前教育における「保育」概念の変遷(その1)-教育と福祉の統一概念としての保育-』(平安女学院大学研究年報第8号pp.1~9)
  • 『「女性学」の教育効果:女性学は学生を変えるか?』(『教育研究所年報』第3号pp.53~74平安女学院短期大学附属教育研究所)
志澤 康弘


学位・資格
博士(人間科学)
職位
教授
所属学会
日本動物心理学会、日本動物行動学会、日本霊長類学会、日本心理学会、日本発達心理学会、日本小児保健学会
研究分野
発達心理学・行動生態学
研究内容のキーワード 親子関係、行動、生物社会、行動生態
主な業績・その他
  • 『Playback experiment to test maternal responses of Japanese macaques (Macaca fuscata) to their own infant's call when the infants were four to six months old』(Behavioural Processes 第68巻 第1号 pp.41-46 Elsevier)
  • 『きょうだい関係におよぼす母親の在・不在の影響』(大阪大学大学院人間科学研究科紀要 第33巻 pp.163-180 大阪大学大学院人間科学研究科)
  • 『離乳期における子どもの食行動の発達と母親の食事介助の影響』(小児保健研究 第68巻第6号pp.614-622日本小児保健協会)
  • 『Do pointing gestures by infants provoke comments from adults ?』(Infant behavior & Development第30巻第4号pp.562-567 Elsevier)
長谷川 秀子


学位・資格
教育学修士
職位
教授
所属学会

全国大学国語教育学会、日本国語教育学会、日本NIE学会、表現学会

研究分野
教育学
研究内容のキーワード 各教科の教育(国語)、学校教育、音読・朗読指導
主な業績・その他
  • 『新聞等を活用した国語教育-豆記者になってみんなに伝えよう』(国語教育研究 №356 pp.44-45日本国語教育学会編)
  • 『小学校の音読・朗読指導に文語体の文章を取り入れる試み』(野路潤家先生卒寿記念論文集pp180-189)
  • 『表現することを通して情報を的確に読み取る』 (『生きてはたらく国語の力を育てる授業の創造』10巻pp.94-104ニチブン)
  • 大阪教育大学「国語教育学会賞」受賞、大阪府公立小中学校教育研究会主催第32回研究論文「最優秀賞」受賞 (論文題目「情報活用の実践力を育てる」)
松尾 光洋


学位・資格
学術修士
職位
教授
所属学会
日本建築学会、都市住宅学会、日本マンション学会、日本生活学会
研究分野
生活科学、住居学
研究内容のキーワード マンション、コミュニティ、エコビレッジ
主な業績・その他
  • 『子どもが育つ生活空間をつくる』共著(2009年8月、かもがわ出版)
  • 「高経年マンションにおけるコミュニティの持続可能性に関する研究」「マンション」第51号2015年4月26日(広島大会特集号)pp.131〜136日本マンション学会
  • 「建築後50年を経た賃貸集合住宅における新旧住民のコミュニティ活動」第43回日本生活学会研究発表大会(2016年5月)日本生活学会
松園 洋二


学位・資格
修士(芸術)
職位
教授
所属学会
 
研究分野
音楽
研究内容のキーワード 音楽学、各教科の教育(音楽)
主な業績・その他
  • 『楽器作りから見えてくるもの ─パンフルート作りの実践を通して─』(『平安女学院大学研究年報』第17号pp.40~58)
  • 『男声合唱組曲「雪だるま溶けた」』(有限会社キックオフ)
  • 『松園洋二歌曲集』(カワイ出版)
山岡 広和


学位・資格
芸術学士
職位
教授
所属学会
 
研究分野
造形表現
研究内容のキーワード 芸術諸学
主な業績・その他
  • 『親学叢書』(白川書院)
  • 『Graphic 日本画年鑑』(マリア書房)

准教授

齋藤 久美子


学位・資格
修士(地域政策)
職位
准教授
所属学会
日本心理学会 、日本発達心理学会、日本乳幼児教育学会、 日本質的心理学会、日本保育学会、日本子育て学会
研究分野
保育学
研究内容のキーワード 幼児教育・保育、発達心理学
主な業績・その他
  • 「子ども相互のかかわりと関係づくり(pp.29-38)」,「子ども集団と保育の環境(pp.46-54)」(『保育の心理学 Ⅱ』,光生館,2012)
  • 「幼稚園5歳児クラスにおける協同的な活動の分析:保育者の支援を中心に」,(『湘北紀要』,30号,pp.1-13,2009)
  • 「園の中での子ども同士の関係の発達(pp.131-145)」,(『子育て支援の心理学:家庭・園・地域で育てる』,有斐閣,2008)
西尾 要一


学位・資格
体育学士
職位
准教授
所属学会
日本発育発達学会
研究分野
体育科教育
研究内容のキーワード 生涯スポーツ、学校体育、地域スポーツ
主な業績・その他
  • 「伝統と文化の尊重」「体験活動の充実」「地域社会への参画」子ども同士が信頼し、信じあえる人間関係づくりを基盤にした学校づくり(平成19年度近畿へき地教育研究協議会研究紀要)
  • 小規模特認校がもたらす地域の活性化(2007年9月 全国へき地教育新聞)
  • 2014年5月 大阪府憲法施行記念式にて知事表彰(教育功労者)を受ける
  • 2015年度 公益財団法人高槻市みどりとスポーツ振興事業団理事
服部 建


学位・資格
教育学士
職位
准教授
所属学会  
研究分野 社会科教育学
研究内容のキーワード 学校教育・社会科教育
主な業績・その他
  • 『「教員の資質考」─子どもたちの現状から、課題に応える教員の資質を考える─』(『平安女学院大学研究年報』第17号pp.32~39)
  • 『明日を拓く心の教育実践教材とその指導 高学年版』
  • 『大阪府における小中一貫教育によるキャリア教育に関する考察』
福永 英彦


学位・資格
修士(社会学)
職位
准教授
所属学会
日本社会福祉学会、日本子どもの虐待防止研究会、日本基督教社会福祉学会、日本地域福祉学会、日本子ども家庭福祉学会
研究分野
社会福祉学
研究内容のキーワード 社会福祉原論、ソーシャルワーク、児童・家族・女性福祉
主な業績・その他
  • 『少子化対策における自治体計画の評価視点についての一考察』(子ども家庭福祉学 第5号pp.25-36)
  • 『児童相談所一時保護面接場面にみる児童虐待の制度的課題~児童相談所運営指針について~』(平安女学院大学年報 第3号pp25-36)
  • 『事例による児童相談所児童虐待処遇モデルの抽出』(平安女学院大学研究年報 第1号pp.21-34)
門谷 真希


学位・資格
博士(教育学)
職位
准教授
所属学会
日本保育学会、日本教育学会
研究分野
保育・教育学
研究内容のキーワード 保育内容・保育教育実践
主な業績・その他
  • よくわかる!保育士エクササイズ1 保育の指導計画と実践演習ブック 編著 ミネルヴァ書房(2016年3月)
  • 新版 生徒指導のフロンティア 共著 (第3章 P.20~28) 晃洋書房(2013年4月)
  • 保育内容5領域についての理解度と実践への応用に関する学生の意識調査(白鳳短期大学研究紀要 第10号 P125~131 2015年)

講師

赤松 みすづ


学位・資格
準学士
職位
講師
所属学会
 
研究分野 幼稚園教育
研究内容のキーワード 幼児教育・保育

主な業績・その他

  • 異年齢児学級保育の実践・研究
G. Arsen


学位・資格
Master of Arts
職位
講師
所属学会  
研究分野 英語
研究内容のキーワード 英語教育

主な業績・その他

  • 『Report on the 2016 1st Year English Classes ─Active Learning─』(『平安女学院大学研究年報』pp.26~31)
  • ANA、シャープ、武田薬品工業、関西大学事務部等での社内英語指導
野本 春美


学位・資格
準学士
職位
講師
所属学会
研究分野
乳幼児保育
研究内容のキーワード

豊かな仲間関係 絵本で育つ人権力

主な業績・その他

  • 人権保育のための絵本ガイドブック 検討委員会委員
  • 「乳幼児からの人権保育入門 ヒトを育てる保育実践を求めて」監修 解放出版社(2016年6月4日初版)
松本 歩子


学位・資格
博士(学術)
職位
講師
所属学会
日本家政学会、日本家庭科教育学会、日本学童保育学会、 日本建築学会、 日本保育学会
研究分野
家庭科教育学
研究内容のキーワード

各教科の教育(家庭)、生活環境、学童保育

主な業績・その他

  • 『Developing the ideal method of after-school care in after-school measures for primary school children』(International Federation for Home Economics XXII World Congress,Melbourne Australia,2012)
  • 『全児童対策との連携における学童保育の現状と課題―放課後子どもプランの利用者・指導者の活動実態と評価からの考察―』(「学童保育」日本学童保育学会紀要第2巻 pp.21-30,日本学童保育学会,2012)
  • 『小学校家庭科教育法における地域環境学習‐京都市環境政策局・京都市まちの美化推進事業団との連携授業(2004年~2012年)』(京都教育大学環境教育研究年報第21号p.45-55、2013)
  • 『平安女学院大学における食育活動-総合教育及び子ども教室で実施した味噌作り体験Ⅳ-』高槻市食育フェア2016

助教

花輪 由樹


学位・資格
博士(人間・環境学)
職位
助教
所属学会
日本家政学会、日本家庭科教育学会、こども環境学会、建築学会、IPA(子どもの遊ぶ権利の ための国際協会)日本支部
研究分野
家政学、家庭科教育学
研究内容のキーワード 家庭科、郷土、遊びの都市、子ども食堂
主な業績・その他
  • 『第5章 遊びのスローライフ』 (楽しもう家政学,pp.59-68,開隆堂出版,2017)
  • 『家庭科食領域における消費者市民育成に関する一考察 ─大学生への意識調査と教科書分析より─』(大阪教育大学紀要 第V部門 教科教育, 第65巻2号,pp.99-111,2017)
  • 『現代社会における郷土料理概念の一考察-E. シュプランガーの郷土概念より -』(家政学原論研究, Vol. 50,pp.30-38,2016)
平阪 美穂


学位・資格
博士(教育学)
職位
助教
所属学会

関西教育行政学会、日本教育行政学会 、関西教育学会、日英教育学会

研究分野
教育行政学
研究内容のキーワード コミュニティ・スクール、学校・保護者・地域の連携、スコットランドの教育
主な業績・その他
  • 「コミュニティ・スクールへの支援のあり方について ースコットランドの保護者協議会を事例にして」(『日英教育フォーラム』、第20号、pp.165-175、2016)
  • 「中学校を核とした「つながり」が子どもを支援する―岡山市地域協働学校を事例に」 (阿部大輔、的場信敬 編『地域空間の包容力と社会的持続性』日 本経済評論社、pp.35-54、 2013)
  • 「子どもの育ちを支える放課後 支援 ―スコットランドにおける学校外ケアの取り組みを事例に―」(『関西教育学会年報』 第38号、pp.196-200、2013)