トップページ > 学部・学科 > 子ども教育学部 > 学生・卒業生のコメント

学生・卒業生のコメント

卒業生

平安女学院大学は、自分を磨ける大学であり

大切な人と出会える場です

大阪府 小学校教諭
(2016年3月卒業)
伊与田さん

就職活動は、4教科の勉強にしっかり取り組み、面接練習は先生や友だちと朝から晩まで行いました。大学では、夏期講習やアグネス教師塾などで、苦手教科の支援や面接指導をして頂き、受験地域の情報も教えて頂きました。励みになったのは、実習時に子どもが"先生だいすき"と書いてくれたキーホルダーと、同じ夢を持つ仲間の存在でした。この大学は自分を磨ける場であり、大切な先生や仲間と出会える場だと思います。

経験は自分を育てる"肥やし"

大学でのボランティアで多くの宝物に出会えました

京都府舞鶴市 保育士
(2016年3月卒業)
菅野さん

本学はボランティアなど子どもと関わる機会が充実していて、目標とする先生や「こんなことを大切にしたい」と思うことに出会えるきっかけがたくさんありました。就職活動は、毎日の勉強や面接練習など、苦しかったですが、活動をしたからこそ知識が深まり、保育観を確立することができたので、貴重な経験となりました。すべての子どもにとって楽しく安心できる保育を目指して頑張ろうと思います。

大学時代からの笑顔と素直な気持ちを忘れずに

子どもに接していきたい

高槻市 小学校教諭
(2015年3月卒業)
松永さん

学校では子どもたちが考えながら学習に取り組めるよう工夫したり、子ども同士の関係が育つように気遣っています。子どもの成長やよい変化が感じられるとやりがいを感じ、また子どもの気持ちが見えず関わりが難しいときにはしんどさを感じます。大学時代からの「笑顔のあいさつ」は今も心がけています。自分の失敗は認め、分からないことは教えてもらう素直な心を忘れずに前に進んでいこうと思います。

まだ未熟な3年目、出産経験も活かし

専門性を高めて子どもの成長を手助けしたい

高槻市 保育士
(2013年3月卒業)
今井さん

子どもが楽しく遊んだり、できなかったことができて喜ぶ姿、また0歳から見ていた子たちの成長ぶりを目にすると、とても満足感を感じます。大学で学んだことはどれも大切だったと思いますが、保育実習が一番印象に残っています。今年は出産をしたことで、親の気持ちが少しは分かるようになってきたので、その経験も活かせればと思います。専門性をもっと高め、子どもたちの成長の手助けをしていきたいです。