トップページ > 学部・学科 > 短期大学部 保育科

短期大学部 保育科

子どもに寄り添い、理解し、心から大切にする保育者になることを、学びの基本においています。
そのために、あらゆる機会を通して、保育者を目指す学生自身がお互いを尊び、教職員や周りの人たちと温かい人間関係を築くことを重視して保育の学びに取り組みます。

学びの特長
自然体験を通して学ぶ
キャリアサポートと就職状況
教員紹介

学部長挨拶

短期大学部保育科は2年間で、幼稚園教諭免許・保育士資格が取得できます。この在学期間2年間というのはとっても短い時間です。でも、内容がギュッと詰まった、豊かな時間になることでしょう。保育科はその長い歴史の中で、保育の世界にたくさんの卒業生を送り出してきました。今もその先輩方がさまざまな場所で活躍し、後輩たちが続いてくれるのを期待して待ってくれています。
神様から与えられた大切な乳幼児の命を守り育てるために、また福祉という現在の社会の中で必要不可欠な仕事に就くために、専門的な知識を習得することはもちろん、実践力を支える気力・体力・コミュニケーション能力を育てることも大切です。附属幼稚園や子育て支援施設が施設内に併設されていて、身近に子どもたちの存在があり関わることができます。実習ではたくさんの協力園があり、充実した指導を受けることができます。
保育の学びは「おもしろい!」ということを実感していただき、保育者になる夢を確実に実現していただくために、教職員一同、心を込めて支援します。

短期大学部保育科学部長 磯野眞紀子