学びの特長

保育科では音楽教育に力を入れています。

音楽は、子どもの感性を豊かにし、子どもの表現力を育みます。歌うこと、演奏すること、踊ること、リズムを刻むこと、創作すること…。子どもとともに音の世界を楽しむためのたくさんのちからを身につけます。

リトミック指導資格

特定非営利法人リトミック研究センターと提携し、2年間リトミックの教科「音楽リズム」などの履修によって「幼稚園・保育園のためのリトミック」2級・1級指導資格(永久資格)が取得できます。音をよく聴き、身体を動かしながら、楽しく指導方法を学びます。


音楽科目のサポート体制

スタートラインは違っても、2年間でレベルの高い音楽スキルを身につけられるよう、独自のプログラムを設けています。

科目に得意不得意があるように、保育者として必要なスキルや知識の習得レベルにも個人差があります。保育科では、現在の自分のレベルに応じて無理なくスキルアップできるようラーニングサポートを行っています。

自由に利用できるピアノ個人レッスン室

21室あるピアノレッスン室はいつも学生の皆さんに開放しています。早朝からレッスンしている学生さんもいます。

10段階のグレード制ピアノ学習

ピアノを弾いたことがない人から上級者まで、10段階のグレード制によるピアノ学習で、自分のレベルに合わせてスキルの向上が図れます。

夏・冬の無料ピアノレッスン制度

夏休みと冬休みの期間中には、希望者全員が無料でピアノレッスンを受けられます。学期内の授業での遅れを取り戻したり、一歩先に進んだり、自分の状況に応じてこの制度を利用することができます。

科目ピックアップ『保育内容総合研究』

パネルシアター

ブラックライトを使用した「はらぺこあおむし」を演じました。子どもの前で演じることの意味を感じながら一つひとつねらいをもって作りました。

人形劇

人形劇は、総合芸術だといわれています。一人ひとりが自分の人形を創り、全員で物語を考えて発表しました。

子ども向け演劇

困っている誰かを助けるために必要なちからとは?子どもに伝えたいメッセージについて議論を重ねながら心のこもった劇作りに励みました。

歌と手遊び

「みーつけた」というテーマで、観ている子どもにも参加してもらい遊びます。節分の時期に発表するので今回は鬼をとりあげました。