トップページ > 学部・学科 > 短期大学部 保育科 > 学生・卒業生のコメント

学生・卒業生のコメント

在学生

好きな授業

2年生 河原さん

ピアノを使った授業が好きです。入学するまでピアノに触れたことがありませんでしたが、器楽の授業や自主練習のおかげで少しずつ弾けるようになり、今では楽しみながら弾くことができるまでになりました。一つひとつの授業を大切にして保育者としての知識を蓄え、保護者からも子どもからも信頼されるような保育者になることが今の目標です。


子どもの気持ちを理解できる保育者になりたい

2年生 柏木さん

高校の先生に進学先を相談したところ平安女学院を推薦され、オープンキャンパスに参加しました。大学や先輩の印象がよく、近くに寮があるということもあって進学を決めました。小規模な大学なので、一人ひとりに指導が行き届き学習しやすいこと、ピアノのレベルに合わせてレッスンを受けられることを魅力に感じています。子どものことを第一に考え、子どもの気持ちを理解し尊重できる保育者になることが目標です。

子どもの目線になり、子ども中心の保育ができる保育者になりたい

2年生 西村さん

大学を見学に来たとき、真剣に話をしてくださった先生方のあたたかい様子や雰囲気、自然に囲まれ静かで落ち着いたキャンパスに惹かれ入学しました。入学後は熱心であたたかい先生方に囲まれ、毎日の授業での学びが宝物です。今、授業以外では人形劇部の活動に力を入れています。施設などいろいろなところで活動していますが、先輩方と一緒に活動した1年間は学びがたくさんあり、保育者になる意識が高まりました。

子どもと信頼関係を築ける保育者になりたい

2年生 滝川さん

少人数制で、一人ひとりの学生と向き合ってもらえることと、たくさんの自然にふれ合えることが平安女学院を選んだ理由です。入学当初は幼稚園の先生を目指していましたが、授業を受け学んでいくうちに保育士を目指したいと思うようになりました。将来は子どもと信頼関係を築くことのできる保育者になりたいと思っています。その夢の実現のために今は苦手なピアノの練習を頑張っています。

お母さんや子どもの居場所の一つとなるような存在になりたい

2年生 有馬さん

高校の校内ガイダンスでは「どうすれば保育士になれるか」や「どんな学校か」という説明が多かったなかで、平安女学院は金子先生がいきなり絵本を読み始めました。そして、絵本の表紙と裏表紙の意味や保育者としての心得を教えていただき、ここなら「保育」を具体的に知ることができると感じ進学を決めました。保育者になるには辛いことや大変なこともありますが、今を大切にしながら頑張りたいです。