トップページ > 学部・学科 > 国際観光学部 > 観光ホスピタリティ・京都学コース

観光ホスピタリティ・京都学コース

観光ホスピタリティ・京都学コースの学び

京都の文化・観光とホスピタリティビジネスに力点をおき、これからの社会に必要な教養と構想力・実践力を培います。特に「観光学」「京都学」「ホスピタリティ」をより専門的に学びます。

住民主体のまちづくり・地域再生から、発展途上国での雇用創出・経済発展まで、「観光」に期待する声が高まっている中で、自治体・企業との連携活動や修学旅行生・外国人観光客へのガイド実習、国内外でのフィールドワークに取り組み、観光の企画や実践を通して、観光学の視点からさまざまな問題を解決できる力を身につけます。

地域連携

地域の人たちと「まちづくり」に取り組みます。

現代の大学は自治体などと連携して取り組む「地域の課題解決」が求められています。本学部もキャンパスのある京都市などとの地域連携に力を入れています。

その一つが京都市交通局との協定に基づく取り組みです。学生たちが京都の街に出て、新しい「まち」のみどころを発見・発信し、地下鉄利用促進のための活動をしています。

レセプショニストクラブのメンバーが中心となって地下鉄各駅でのセレモニーやファンイベントで「学生一日駅長」としてPR活動を行います。 地下鉄駅周辺を紹介するフリーペーパー「きゅんきゅんKYOTO」。学生が企画・取材を行い制作しています。各駅で配布していますのでぜひ手に取ってみてください。

フィールドワーク

国内外での研修・調査活動を通してこれからの観光と地域の課題を学びます。

国内・海外のフィールドで観光の「現場」を学ぶ「観光フィールドワーク」では、地域が観光に取り組む姿や現地の人々の暮らしを肌で感じ、地域の課題について理解を深めます。
また、ゼミや講義でも京都の街をキャンパスに見学・巡見や調査などの学外授業に力を入れています。

旅行商品の研究

旅行会社と提携し、中学生の修学旅行を企画引率します。

「観光案内実習」の授業では、旅行会社と提携し、関東の中学生の修学旅行のガイドを行っています。事前に案内するコースを提案し、当日に向けて下調べをします。
ガイドを体験することでコミュニケーションスキルが上がり、自分が知らないこともたくさん学べます。

事前に研修をしっかり受けてガイドに臨みます。 中学生を案内しながら京都を再発見。