トップページ > 採用ご担当の方へ > ごあいさつ

ごあいさつ

平安女学院は1875年(明治8年)に開校して以来、キリスト教精神に基づく女子教育の専門機関として、英語に強い国際教養人やマナーの良い情緒豊かな女性を育成し、多くの人材を各界に送り出してきました。

昨今の教育は「学力偏差値」を偏重する傾向にありますが、本学院ではIQ(知能)偏差値だけでなく、EQ(情緒)偏差値を重視した教育を行なってきており、特に大学では、社会・企業で求められる対応能力、すなわち「社会対応力偏差値」を高める教育に情熱を注いでいます。

そのために、学院では少人数教育を実践し、きめ細かな教育体制・教育内容の充実に引き続き取り組んでいきます。
142年の歴史と実績を持つ学院の真髄はキリスト教精神に基づく「情操教育」であります。その上に、社会のどの分野でも活躍できるように幅広い基礎教養を身につける「リベラルアーツ」としての教育を展開していきます。

今日の社会では、直面するさまざまな課題に対応できる専門的知識だけではなく、自主性や礼儀正しさ、ホスピタリティ精神に富んだ女性が求められています。世界情勢が混迷するなか、21世紀の社会のキーワードは「共生」であり、温かみのある社会の実現に向けて、国際的な視野と教養を兼ねそなえた、志の高い、パイオニア精神豊かな人材を育てる決意を新たにしています。

私は142年の歴史と伝統に培われた平安女学院の"遺伝子"を社会へ還元し、本学で学んだ学生が新しい時代にリーダーシップを発揮し、飛躍してくれることを願っています。


平安女学院大学・平安女学院大学短期大学部 学長 山岡 景一郎