本学客員教授・今村俊也九段が通算1000勝を達成!

一覧に戻る

本学客員教授のプロ囲碁棋士・今村俊也九段が、8月23日(木)、大阪市内で開かれた第45期天元戦予選対局で橋本寛二段に勝ち、通算1000勝を達成されました。
 
以下(産経新聞 https://www.sankei.com/west/news/180823/wst1808230080-n1.html)より

関西棋院の今村俊也九段(52)が23日、第45期天元戦予選で橋本寛(かん)二段(23)に勝ち、通算1千勝(476敗2持碁)を達成した。関西棋院では4人目で、日本棋院を含めて23人目となった。達成時の勝率6割7分8厘は、結城聡九段(46)、小林光一名誉棋聖(65)に次ぐ歴代3位。
今村九段は奈良県出身。昭和55年にプロ入りし、平成2年に九段。新人王戦で優勝、NHK杯テレビ囲碁トーナメントで2回準優勝するなどの実績がある。碁聖戦と王座戦の挑戦者にもなった。
終局後、今村九段は「素直にうれしい。1千勝は一つの節目なので、少しは意識していた。プロになって38年になるが、まだ不完全燃焼。少しでも上を目指したい」と話した。


©京都新聞社