新型コロナウイルス感染者の発生について

2020年7月31日(金)、本学学生1名が、PCR検査の結果、新型コロナウイルス感染症の陽性と判定されましたが、現在は症状もすでに収まっており、自宅待機となっております。

当該学生は、高槻キャンパスに在籍する学生で大阪府在住です。なお高槻キャンパスでは、大阪府の感染者が100名を超えたため、7月23日より全面的に遠隔授業に切り替えています。

本学といたしましては、所轄衛生管理当局と相談して対策を講じているところですが、学内において濃厚接触の疑いは発生しておりません。

本学の京都・高槻両キャンパスにおきましては、当局のガイドライン等をふまえ、学内において「三密」を避けるなど徹底した衛生管理を講じております。
学生にも日常生活の上で感染防止を心掛けるよう指導も行っております。今後も引き続き、感染防止を徹底するよう、より一層啓発に努め対策等を講じて参ります。

当該学生およびご家族様、関係者の人権尊重と個人情報保護にご理解とご配慮をお願い申し上げます。

平安女学院大学
平安女学院大学短期大学部