本学学生と中高生が、地下鉄丸太町駅構内店舗オープン式典で活躍!(12/15・月)

一覧に戻る

京都市営地下鉄丸太町駅構内に、このほどデニッシュバーとコンビニエンスストアがオープンしました。
12月15日(月)、京都市と京都市交通局の主催により、その開業記念式典が行われました。
式典には、大学国際観光学部のレセプショニストクラブ、中高の吹奏楽部が協力。司会進行はレセプショニストクラブ部長の松谷悠さんが行いました。会場の受付や案内・進行補助はレセプショニストのメンバーが担当しました。
式典は吹奏楽部の「A列車で行こう」の演奏からスタート。来賓の紹介に続く本学の山岡景一郎学長のあいさつのあとマイクを握られた門川京都市長は平安女学院を「140年という最も古い伝統があり、就職率も日本一」と紹介。
本学院の学生・生徒の活動ぶりを称えられました。
ファンファーレとともにいよいよテープカット。見違えるように明るく変身した丸太町駅構内を行きかう市民の方々もハッとした表情で見回しておられました。