イタリアから留学生8名が来日しました

一覧に戻る

2017年5月10日(水)、昨年12月に交流協定を締結したヴェネツィア・カ・フォスカリ大学から8名の留学生が来日し、歓迎のパーティーを開きました。
留学生たちは全員日本語が上手で、日本の学生たちとすぐに打ち解けていいる様子でした。

留学期間は三ヵ月で、特別プログラムとして日本語の授業を受講しながら、国際観光学部の伝統文化論などで「日本の文化」を体験していただきます。
また今回の交流会をはじめ、本学の学生と留学生がお互いに文化交流できる機会もたくさん予定しています。