12月23日(日)にオープンキャンパスを開催しました!

一覧に戻る

12/23(日)にオープンキャンパスを開催しました。
大変肌寒い時期ではありましたが、両キャンパスとも寒さを吹き飛ばすくらい大変盛り上がった一日となりました。

2018年度のオープンキャンパスは全日程終了いたしました。
次年度の最初のオープンキャンパスは、3/24(日)になります。

皆さまのお越しをお待ちしております。

国際観光学部(京都キャンパス)

黒井先生の『英語による京都の観光案内』では、終始英語のみで授業を行い、日本の行事や文化について学びました。
その後、『女の子だけのおもいっきりクリスマス』と称したクリスマスパーティが開かれました。
「都道府県BINGO」で盛り上がり、好きなケーキとお茶をいただきながら、先生や先輩学生と談笑をし、とても楽しく有意義な時間となりました。
最後にアグネス教会にて『クリスマス礼拝』をし、チャプレンのお話を聞きながら、学生が演奏するパイプオルガンに合わせて聖歌を歌うなど、本学の礼拝を体験していただきました。

子ども教育学部(高槻キャンパス)

最初に齋藤先生が子ども教育学部で取得可能な免許や学びについてわかりやすく説明した後に、音楽を担当している松園先生が『聖歌と唱歌の意外な関係』と題して模擬授業をしました。
ピアノを弾いたり、先輩学生が歌ったりしながら、聖歌と唱歌の関係について学びました。

短期大学部保育科(高槻キャンパス)

模擬授業『幼児音楽の授業をのぞいてみませんか』ではプロの声楽家でもある白根先生の指導のもと、学生も参加者も一緒に歌ったり、身体を動かしたり。
次の『毛糸でクリスマスの飾りを作ろう』では糸井先生の指導のもと画用紙や毛糸を使って可愛い飾りを作りました。
楽しく作りながらも保育の現場で使う糊や接着剤などの説明もあり先生や在学生といっしょに、実際の保育現場を意識しながら楽しく作りました。

子ども教育学部・短期大学部保育科(高槻キャンパス)

参加者みんなが食堂に集合してティータイム。
クリスマス時期ということでみんなでケーキを食べながら先輩や先生の話を聞いてもらいました。

その後はチャペルに移動してチャペルコンサート。
吹奏楽部の演奏と、今日模擬授業も担当した保育科の白根先生が、子ども教育学部の松園先生のピアノ伴奏でクリスマスにちなんだ曲を聞かせてくれました。

最後は、少し明るかったのですがイルミネーションの点灯イベントにも参加してもらいました。
残念ながら少し雨が降ってきていたのですが、参加者は満足していただいたようです。