平安女学院大学

子ども教育コース

Child Education Course

進路に応じて複数の資格を取得することで、段階に応じた子どもの長期的な発達を理解します。
教育現場ですぐに活かせる実践力を養うことで、柔軟に対応できる幼稚園・小学校・中学校教諭をめざします。

4年間の学びLearning of four years

1年次

保育・教育の基本について学ぶとともに、体験実習等を通してコースを選択します。

2年次

小学校の各教科等や中学校英語科(英語教育専修の場合)に関する内容、指導法について詳しく学び、「教える」力を身につけます。

3年次

小学校教諭、中学校教諭(英語教育専修の場合)としての専門的知識・技能を高め、小学校教育実習等において実践力を養います。

4年次

中学校教育実習(英語教育専修の場合)において実践力を養います。また、小学校・中学校の教育実習における経験やボランティア活動を通して教育者としての課題を見出し、教職実践演習や、卒業研究を通して主体的に学び、教育者として巣立つ準備をします。

豊かな専門性を持ち、実践力のある先生を育成
2021年度からは新しく英語教育専修も開設され、さらに深く学べます

英語教育専修

「英語コミュニケーション」・「英語科教育法」等の授業を通して、小学校で英語を教えるのに必要な英語力・指導力を身につけます。留学制度や海外語学研修もあります。

保幼小連携ユニット

「保育原理」・「教職論」・「総合的な学習の指導法」等、保・幼・小の一貫した学びを通して、お互いを理解しながら協働するために必要な力を身につけます。

授業・取り組み紹介Introduction of classes and initiatives

メディアの英語b

パソコンやスマートフォンなどの情報機器を活用し、ペアでプレゼンテーションを行います。そのほか、これからICT活用が教育現場で普及することを想定し、それに対応するため、実際に学生同士で模擬授業として遠隔授業を英語で行うなど、英語教育に必要なスキルを身につけることができます。

特別支援教育論

教育実習先で支援学級の児童と接したことがきっかけで支援方法を知りたいと思い、受講しました。この授業では、特別支援教育の概要や障害の種類と程度に応じた基本的特性を学び、個別の教育支援計画、指導計画、そして支援の在り方について理解します。特別な支援が必要な児童への対応について学べることは将来の役に立つと感じています。

学習支援 ボランティア

「WAKWAK」という団体が行っている中学生の学習支援事業に週2回参加しています。このボランティアを通して学習に意欲がない生徒の意欲を高めることの難しさ、自分の指導によって生徒が問題を解けたときの達成感はひとしおでした。また、サポートだけではなく、生徒と信頼関係を築くことも大切なのだと実感できたことは大きな学びでした。

研究紹介Study introduction

研究テーマ:センス・オブ・ワンダーを取り入れた算数科の授業について

大橋さん 子ども教育学科 2022年3月卒業

小学校の先生をめざしていたこともあり、「センス・オブ・ワンダー」という幼児教育方法を取り入れた授業を新しく考案するという研究を行いました。調査結果を踏まえて「小数のかけ算」の授業で、小数点がない時代の小数の表し方で計算をすることで小数点の良さや便利さを教えるという授業を考案。完成させるのは大変でしたが、実際に授業を受けた子どもから「楽しかった」という言葉をもらい、やりがいを感じました。

アグネス講座St' Agnes. Lecture

2021年度よりアグネス講座が新設されました。

小学校・中学校教諭に必要な実践力を培うためにさまざまな講座が準備されています。

  • ピアノレッスン
  • 手袋人形づくり
  • 絵本の読み聞かせ講座
  • 器楽合奏を楽しもう
  • 器械運動ができるようになろう!
  • 支援学校・地域支援センターを知ろう
  • アンケート統計学
  • 戦隊ヒーローから考えるジェンダー
  • 写真を使って保育記録を作ろう!
  • ゼロから始める音楽制作 - GarageBandなどのソフトウェアを使って音楽づくり
  • 「聴いて・考えて・つなげる授業づくり」のポイント(小学校)

その他のコースOther courses