平安女学院大学

教員一覧

List of Teachers

教授

松尾 光洋 教授

  • 学術修士
  • 日本建築学会、都市住宅学会、日本マンション学会、日本生活学会
  • 生活科学、住居学
  • マンション、コミュニティ、エコビレッジ
主な業績・その他
  1. 『子どもが育つ生活空間をつくる』共著(2009年8月、かもがわ出版)
  2. 「高経年マンションにおけるコミュニティの持続可能性に関する研究」「マンション」第51号2015年4月26日(広島大会特集号)pp.131〜136日本マンション学会
  3. 「建築後50年を経た賃貸集合住宅における新旧住民のコミュニティ活動」第43回日本生活学会研究発表大会(2016年5月)日本生活学会

伊藤 紀美江 教授

  • 文学修士、中学校・高等学校教諭「英語」一種免許状、中学校・高等学校教諭「英語」専修免許状
  • 大学英語教育学会、日本児童英語教育学会
  • 英語Ⅰ、世界の中の日本、児童文化論<海外>
  • 英文学、米文学、早期英語教育
主な業績・その他
  1. 『英語学習にまつわるOPTIMISMを斬る―第2言語習得研究の観点より―』(『福井県立大学論集』第24号,53~84,福井県立大学)
  2. 『「床下の小人たち」にみられる英国らしさ』(『保育研究』第43号 pp.19-24 平安女学院大学短期大学部保育科 保育研究会)
  3. 『児童文学を通してみた60年代アメリカの子どもたちの生活』(『保育研究』第45号 pp.37-47 平安女学院大学短期大学部保育科 保育研究会)
  4. 『就学前の英語活動に関する一考察』(『保育研究』第46号 pp.22-31 平安女学院大学短期大学部保育科 保育研究会)

齋藤 久美子 教授

  • 修士(地域政策)
  • 日本心理学会、日本発達心理学会、日本乳幼児教育学会、日本質的心理学会、日本保育学会、日本子育て学会
  • 保育学
  • 幼児教育・保育、発達心理学
主な業績・その他
  1. 「子ども相互のかかわりと関係づくり(pp.29-38)」,「子ども集団と保育の環境(pp.46-54)」(『保育の心理学 Ⅱ』, 光生館, 2012)
  2. 「幼稚園5歳児クラスにおける協同的な活動の分析:保育者の支援を中心に」,(『湘北紀要』, 30号, pp.1-13, 2009)
  3. 「園の中での子ども同士の関係の発達(pp.131-145)」,(『子育て支援の心理学:家庭・園・地域で育てる』, 有斐閣, 2008)

志澤 康弘 教授

  • 博士(人間科学)
  • 日本動物心理学会、日本動物行動学会、日本霊長類学会、日本心理学会、日本発達心理学会、日本小児保健学会
  • 発達心理学・行動生態学
  • 親子関係、行動、生物社会、行動生態
主な業績・その他
  1. 『Playback experiment to test maternal responses of Japanese macaques (Macaca fuscata) to their own infant's call when the infants were four to six months old』(Behavioural Processes 第68巻 第1号 pp.41-46 Elsevier)
  2. 『きょうだい関係におよぼす母親の在・不在の影響』(大阪大学大学院人間科学研究科紀要 第33巻 pp.163-180 大阪大学大学院人間科学研究科)
  3. 『離乳期における子どもの食行動の発達と母親の食事介助の影響』(小児保健研究 第68巻第6号pp.614-622日本小児保健協会)
  4. 『Do pointing gestures by infants provoke comments from adults ?』(Infant behavior & Development第30巻第4号pp.562-567 Elsevier)

清水 里美教授

  • 博士(情報学)、公認心理師、臨床心理士、特別支援教育士SV
  • 日本心理臨床学会、日本児童青年精神医学会、日本LD学会、日本保育学会、日本発達障害学会、日本心理学会
  • 発達心理学、教育心理学、教育相談<幼児理解を含む>
  • 教育相談・発達障害・カウンセリング・心理アセスメント・心理学的介入
主な業績・その他
  1. 新版K式発達検査2020解説書(理論と解釈)京都国際社会福祉センター
  2. 『新版K式発達検査法2001年版 発達のアセスメントと支援』(ナカニシヤ出版)Pp.109-143.
  3. 『カウンセリング心理学』(翻訳 ブレーン出版)

中西 浩一 教授

  • 文学士
  • 全国小学校英語教育実践研究会、日本児童英語教育学会、英語授業研究学会、小学校英語教育学会
  • 小・中学校実践英語教育、小・中学校教員研修
  • 英語教育、指導法、授業と評価、教員研修、教員育成、実践研究
主な業績・その他
  1. 「外国語活動・外国語科完全実施に向けた課題の整理と改善の一助としてのモデルプランの提案」平安女学院大学研究年報 第19号pp.85-93
  2. 「新教科小学校外国語科の指導法に関する考察~第二言語習得論を踏まえたWe Can! 1,2活用法~」平安女学院大学子ども教育学部紀要第3号pp.1-7
  3. 「Q&A小学校英語指導法事典」樋口忠彦・高橋一幸・加賀田哲也・泉恵美子編著(教育出版)pp.140-141, pp.167-171, pp.192-194
  4. 「Q&A中学校英語指導法事典」樋口忠彦・高橋一幸編著(教育出版)pp.170-173, pp.176-177

服部 建 教授

  • 教育学士
  • 日本社会科教育学会、日本生活科・総合的学習教育学会
  • 社会科教育学
  • 学校教育・社会科教育
主な業績・その他
  1. 『「教員の資質考」─子どもたちの現状から、課題に応える教員の資質を考える─』(『平安女学院大学研究年報』第17号pp.32~39)
  2. 『明日を拓く心の教育実践教材とその指導 高学年版』
  3. 『大阪府における小中一貫教育によるキャリア教育に関する考察』

准教授

佐藤 有紀 准教授

  • 修士(美術)
  • 日本保育学会
  • 幼児教育 (造形)
  • 幼児教育 造形表現 美術
主な業績・その他
  1. 『視野を広げる造形活動2017』夙川学院短期大学「教育実践研究紀要」第12号, pp.27-37, 2017
  2. 『図画工作教育法における描画活動についての教育実践報告』夙川学院短期大学「教育実践研究紀要」第9号, pp.10-15, 2016
  3. 個展「佐藤有紀展」川崎医療大学付属病院ギャラリーホリスティック(川崎福祉大学 医療福祉デザイン科)2014

新谷 龍太朗准教授

  • 博士(人間科学)
  • 日本教育社会学会、アメリカ教育学会
  • 現代社会論、教育原理(教育の制度を含む)
  • 学校組織文化、教師の「型」、教師の学習共同体
主な業績・その他
  1. 「アメリカにおける学力向上政策の幻想と現実―「落ちこぼし防止法」の導入とその成果を巡って」(志水宏吉、鈴木勇 編著『学力政策の比較社会学 国際編PISAは各国に何をもたらしたか』明石書店、pp.161-183、2012)
  2. 「共通コア州スタンダーズの開発プロセス及び内容」(『アメリカ教育学会紀要』第25号、pp.15-27、2014)

杉原 康子准教授

  • 学士 公認心理師 臨床発達心理士 保育士 養護学校教諭1級
  • 日本臨床発達心理士会
  • 臨床発達心理学 メンタルヘルス
  • 発達障がい 重症心身障がい 医療的ケア児 保護者支援 医療福祉分野におけるスタッフのメンタルヘルス
主な業績・その他
  1. 「社会性を育てる」『子育てハンドブック~脳性まひ児と共に~』(市村出版)p49-p54, 2021
  2. 「発達を促すためのケア 言葉の発達・情緒の発達について」『重症心身障害児の看護』(ヘルス出版)p208-210,2016
  3. 「障害のある子どもを支える」『乳幼児の発達臨床と保育カウンセリング』(ふくろう出版)p96-p130,2008

野島 晃子 准教授

  • 修士(言語教育情報学)、Philosophy, PhD Candidate
  • 日本コミュニケーション学会、National Communication Association、International Communication Association
  • 社会言語学、コミュニケーション学、英語学
  • 社会のなかのことば、コミュニケーション教育、異文化間コミュニケーション、スピーチ、プレゼンテーション
主な業績・その他
  1. 「コミュニケーション教育に対する認識改革の探求ー「社会人基礎力を育成する授業30選実践実例集」から」『Studies in Language Sciences Working Papers』(7), pp. 65-77, 2017.
  2. 「企業が大学新卒者に求めるコミュニケーション能力の要素を探るー東証第一部上場企業のウェブサイト分析を中心にー」『Studies in Language Sciences Working Papers』(4), pp. 83-92, 2014.
  3. 「議論から対話へのパラダイム・シフト」『コミュニケーション能力の諸相ー変移・共創・身体化ー』pp. 286-288, ひつじ書房, 2013.

山田 陽子 准教授

  • 学士(音楽)
    中学校・高等学校教諭一種免許(音楽)、中学校・高等学校教諭専修免許(音楽)
  • 日本学校音楽教育実践学会、日本保育学会、日本ピアノ教育連盟
  • 音楽教育・器楽(ピアノ)
  • -
主な業績・その他
  1. 幼児期におけるピアノ指導の方法に関する一考察 (白鳳女子短期大学研究紀要第9号P145~149 2014年)
  2. ワルシャワフィルメンバーとの饗宴(2007年7月)
  3. 奈良フィルハーモニー管弦楽団とのコンチェルト協演 (2001年11月)

講師

赤松 みすづ 講師

  • 準学士
  • -
  • 幼稚園教育
  • 幼児教育・保育
主な業績・その他
  1. 異年齢児学級保育の実践・研究

G. Arsen 講師

  • Master of Arts
  • -
  • 英語
  • 英語教育
主な業績・その他
  1. 『Report on the 2016 1st Year English Classes ─Active Learning─』(『平安女学院大学研究年報』pp.26~31)
  2. ANA、シャープ、武田薬品工業、関西大学事務部等での社内英語指導

野本 春美 講師

  • 準学士
  • -
  • 乳幼児保育
  • 豊かな仲間関係 絵本で育つ人権力
主な業績・その他
  1. 人権保育のための絵本ガイドブック 検討委員会委員
  2. 「乳幼児からの人権保育入門 ヒトを育てる保育実践を求めて」監修 解放出版社 (2016年6月4日初版)

助教

内田 晋子 助教

  • 修士(スポーツ科学)・修士(臨床心理学)
  • 日本臨床心理身体運動学会 日本スポーツ心理学会 日本心理臨床学会 日本保育学会
  • 体育心理学 臨床心理学
  • 身体性、身体の共振・同調、語り
主な業績・その他
  1. 「幼児の他者との関わりを通した身体性の形成-1・2歳児の遊びの観察から」飯田女子短期大学教育研究論文集第2巻第1号, 59-69, 2018
  2. 「オリンピアンが語る経験と望まれる心理的サポートの検討 -出来事に伴う心理的変化と社会が与える影響に着目して-」スポーツ心理学研究第39巻1号, 1-14, 2012

相楽 典子助教

  • 修士(教育情報学)
  • 日本特殊教育学会、日本発達障害学会、日本LD学会、日本K-ABCアセスメント学会、日本特別ニーズ教育学会
  • 障害児教育、家庭支援
  • 発達障害、母親、ソーシャルサポート、教師、保育者
主な業績・その他
  1. 「発達障害児をもつ母親が望むサポート-教師に対する信頼感との関係、自由記述から-」実学教育研究 臨時増刊号, pp.25-37, 2012
  2. 「ライフステージを見通した障害児の保育・教育」共著, みらい, pp.64-74, 2016

中尾 真也 助教

  • 修士(教育学)
  • 日本数学教育学会、日本科学教育学会、日本教材学会
  • 教科教育学(数学教育学)
  • 数学的思考、振り返り、質的研究
主な業績・その他
  1. 振り返りカードを用いた学習者の数学的思考の把握に関する実証的研究(日本数学教育学会秋期研究大会発表収録(論文発表の部),53,1-8)
  2. 振り返りに着目した数学的な見方・考え方の評価に関する一考察-第5学年面積の単元を事例に-(奈良教育大学次世代教員養成センター紀要,7)
  3. 振り返りの記述と教師の意図との整合性が低い児童の数学的思考の把握-第5学年小数の乗法に焦点を当てて-(日本科学教育学会研究会報告書,35,3,35-38)
  4. 令和2年日本数学教育学会学会賞(大学院生奨励賞)

荷出 翠助教

  • 臨床福祉学修士
  • 日本社会福祉学会、日本福祉文化学会
  • 社会福祉学
  • スクールソーシャルワーク
主な業績・その他
  1. 介護保険サービスの利用者と専門職の関係性に関する一考察 社会福祉科学研究, 社会福祉科学研究所, (5):57-66, 2016
  2. 子どもの問題行動における支援のあり方~ソーシャルワークの視点から~ 福祉文化研究, 日本福祉文化学会, 19:150-164, 2010

松井 奈都子助教

  • 修士(人間文化)、中学校・高等学校教諭一種免許(音楽)
  • 日本保育学会、国際幼児教育学会、日本音楽教育学会、中部教育学会
  • 音楽教育学(打楽器)、保育内容表現(音楽)
  • 器楽表現活動、子どもと楽器のかかわり、質的研究、教えることの再発見
主な業績・その他
  1. 「器楽表現活動における保育者の『教えること』に関する一考察―SCATを用いた打楽器奏者の語りの分析から―」国際幼児教育学会編『国際幼児教育研究』第28号, 219-231頁, 2021.
  2. 『はじめよう! 簡単ステキにすぐ弾けるスティールパン 模範演奏+マイナスワンCD付』中央アート出版社, 2014.