平安女学院大学

観光・京都学コース

Tourism and Kyoto Studies
Concentration

「京都」という地の利を活かし、「京都学」「観光学」についての専門的知識を深めます。
地域の特色や課題について考察することで、持続可能な観光の可能性を探ります。

[ 4年間の学び ]

1年次

「観光概論」「国際観光論」で観光学に入門します。「世界遺産研究」「地域環境資源と観光」など自身の興味に応じた様々な講義を受講するとともに、様々な地域連携活動・ボランティアにも参加します。

2年次

コース選択者全員で修学旅行のガイド実習を行います。また1年次に始めた地域連携活動で企画や運営の中核を担います。「観光人類学」「観光メディア論」「京都の歴史」などの講義を通して専門性が高まります。国内旅程管理主任者の資格も取ることができます。

3年次

夏期休暇にはフィールドワークに参加し、国内外での観光地の調査を行います。「国際観光開発論」「エコツーリズム論」「京都観光研究」などの講義や調査・連携活動を通し、持続可能な観光への理解を深めます。ゼミに所属し、自身の研究を進めます。国内旅行業務試験での合格をめざします。

4年次

4年間の学習の成果を活かし、旅行社・運輸などの観光関連業界や地域社会に貢献できる企業・団体への就職をめざします。これからの観光や地域社会のあり方を考える様々なテーマで調査・研究を行い、卒業論文を完成させます。

[ 授業・取り組み紹介 ]

京都観光案内実習Ⅰ・Ⅱ

旅行会社と連携し、中学生の修学旅行をプランニング。
実際にガイドも担当します。

京都や奈良を訪れる修学旅行生を対象に観光案内を行うことで実践的なスキルを身につけます。他府県から来られた生徒さんと話すことでコミュニケーション力を磨けるほか、観光案内を通して観光資源についての知識も得ることができます。

観光フィールドワークⅠ・Ⅱ

日本国内だけでなく海外まで
現地に赴く調査・研修を通して観光の現場を学びます

実際に観光地に赴き、調査をしながら観光地の問題などについて考察します。「平安京の『へり』を歩く」というテーマのフィールドワークでは、かつての都の広さを身をもって体感するだけでなく、歴史についてもより深く知ることができました。

地域連携活動

地域の魅力を学生たちがプロデュース
地域の人たちと「まちづくり」に取り組みます

昨今の大学に求められるのは、自治体などと連携して取り組む「地域の課題解決」。国際観光学部では、キャンパスのある京都市などとの連携に力を入れ、多様な地域の観光発信や観光イベントに協力しています。京都市交通局と制作している地下鉄駅周辺を紹介するフリーペーパー「きゅんきゅんKYOTO」は2020 年に25 号を数えました。新しく、京都市動物園とも連携協定を締結し、2020 年9 月に行われた3 日間の夜間開園の企画・運営を行いました。この他、京都市中央卸売市場、京都市環境局、南丹市、五條市、一般社団法人 森の京都地域振興社などと連携活動を行っています。

和歌山県の梅農家と連携して、梅× チョコの商品を開発中です。商品開発は、地域の魅力を再発見し自ら発信できる貴重な機会。学外の方とのやり取りも多く、コミュニケーション力や行動力を磨くこともできました。