山岡学長とともに、オーストラリアへ観光フィールドワーク ~国際観光学部の2.3年生23名~(9/8・火~9/15・火)

一覧に戻る

9月8日(火)~15日(火)、国際観光学部の「観光フィールドワーク(海外)」の授業で、学生23名と山岡学長以下教員5名がオーストラリアを訪れました。
一行は8日(火)に関西国際空港を立ち、シンガポール経由で9日(水)、オーストラリアのメルボルンに到着。11日(金)には次の目的地であるシドニーに移動し、14日まで滞在の後、15日(火)、全員無事に関西国際空港に帰ってきました。
現地では、グループごとに観光対象を訪れて終日調査を行いました。

 

観光フィールドワーク(海外) in オーストラリア

 
学生たちが主に訪問したところは次のとおりです。

9日(水)
・移民博物館でオーストラリア史の概要を学習
・メルボルンセントラルでオーストラリアほとんど唯一のカフェ文化を体験

10日(木)
・メルボルン市内から約100キロのバララットで、ゴールドラッシュ当時の暮らしを体験
・メルボルン市内で、ロイヤルエキシビション・カールトン庭園、セントパトリック聖堂などを見学

11日(金)
・古くから続くメルボルン市民の台所「クイーンビクトリアマーケットを見学。食料品や土産物などの店舗が立ち並び、人々の暮らしぶりを間近に体感
・「オーストラリア最大のアートシティ」といわれるメルボルンの中枢を見学

12日(土)
・シドニーに移動し、オペラハウス、ロックスセンターなどを見学。ロックスは、イギリスがオーストラリアへの植民を始めた当初、建材としての石を採取したところで、その跡地がおしゃれな街に変わっています。

13日(日)
・シドニー市内を1日かけて観光

14日(月)
・朝のハイドパークを散策。