平安女学院大学

付属センターと付属施設
伝統文化研究センター

Research Center for Traditional Culture

所長あいさつ

茶道は、我が国を代表する『綜合文化』であると同時に、東洋のあらゆる文化を包摂する『東洋文化の精華』とも言われる一大綜合文化です。

当研究センターでは、この茶道をあらゆる学問的方法論をもって研究し、茶道の現代的意義を探究します。
また、名誉学院長である裏千家千玄室大宗匠は、茶道を人格陶冶と国内外で活躍できる人材の育成に資するために、茶道教育の理念として、平安道 ―正見・正行・正修― を掲げられています。

当研究センターは、この理念に基づいて、本学学生や国内外の一般社会人の方々が茶道を積極的に学び、自ら体得するための環境づくりを目指すものです。

所長・教授 関根 宗中

伝統文化研究センターとは

茶道裏千家と平安女学院による互恵精神に基づく友好信頼関係を促進し、伝統文化の更なる振興と、学術・教育・文化の発展に寄与することを目的とした諸事業の推進・広報を担います。

センターの組織について

所長・教授 関根 宗中
客員教授 倉斗 宗覚
客員准教授 関根 宗孜
小室 宗成
杉谷 宗朱
大内 宗理
非常勤講師 熊田 宗知
関根 宗壽

茶道ちゃどう資料館

茶道資料館メンバーシップ

「茶道資料館メンバーシップ」とは、裏千家今日庵が、日本の伝統文化に触れ、茶の湯を体感できることを目的に創設された制度です。

本学の「学生証」「生徒手帳」「教職証」の提示のみで、茶道資料館へ1年間何度でも無料で入館できます。

<特典>
  • 1年間(休館日(月曜)及び展観準備期間中を除く)に何度でも茶道資料館に無料で入館でき、特別展や通常展を鑑賞できます。
  • 茶道資料館の刊行物や絵はがき、一筆箋などのグッズを割引価格で購入できます。
  • 入館者には、呈茶席で抹茶と和菓子を差し上げています。